お役立つ日記

役立ち情報満載!口コミや比較など多数。

エンジン警告灯が点灯する原因は?ランプが消えた?修理代は?

   

エンジン警告灯(エンジンチェックランプ)が点灯するのは、

エンジンの制御系のトラブルが生じたときの警告を教えてくれています。

車によって微妙に警告灯の意味が違って記載されていますので、

車の取扱説明書は一読することをお勧めします。

特に警告灯の内容は、車からのメッセージなので、正確に把握していた方がいいです。

スポンサードリンク
  

エンジン警告灯が点灯する原因は?

エンジンにはいろいろな制御システムがあり、車の安全な走行を監視するシステムがコンピュター制御されています。危険性があるものについてセンサーが働いています。車が走行中には常に計測しています。センサーが異常値を検知した時にエンジン警告灯がつきます。

エンジン警告灯が点灯する原因は、整備工場に車を持っていかないとわかりません。エンジン警告灯は黄色なので、すぐに車を停車する必要はありません。

警告灯には赤色と黄色の警告灯があり、赤色の警告灯が点灯した場合は、すみやかに車を停車できる位置に停車し、ディーラーに電話するしかありません。

黄色の警告灯の場合は、緊急性を要しないものの車の点検が必要なので、すぐにでも整備工場に持って行って、点検を受ける必要があります。

エンジン警告灯は黄色の警告灯なので、決して慌てる必要はありません。心配なら車の停車できるところまで行って、ディーラーに連絡してみてください。

整備工場に行くとセンサーの記録が残っているので、どのセンサーが異常値を記録していたのかわかります。それによって、エンジン警告灯が点灯した原因がわかるのです。

エンジン警告灯の点灯が消えた?

車のエンジンをかけたときに、メーターパネルのすべての警告灯が点灯します。そして、すぐに消えます。これは、各警告灯のランプ切れを調べるものです。もしくはその警告システムそのものが異常している(異常があっても点灯しない)場合もあります。

消えない警告灯があれば、そこが異常であることになります。点灯がついたり消えたりするのもセンサーの異常が考えられますので、ディーラーにセンサーの記録を見てもらって、原因をみてもらいましょう。

スポンサードリンク

結局、エンジン警告灯の点灯はディーラーや整備工場の整備士でないとわからないということになります。

エンジン警告灯の点灯したときの修理代はいくら

エンジン警告灯の点灯したときの修理代は、結局、どこか異常を起こしていたかによって違ってきますが、エンジン警告灯で一番多いのが、O2センサーです。

O2センサーは、排気ガス中の酸素の有無を検出する空燃比センサーです。エンジンの温度を測りながら燃費がよくなる最適な状態を維持するためのセンサーです。つまり、O2センサーが故障すると燃費が悪くなります。O2センサーの故障なら部品代で3万ぐらいです。

O2センサーのほか、エンジンへ送る空気の量を測るエアフローセンサー、カム角度、クランク角度センサー、エンジンの点火系のイグニッションセンサー、アクセルの踏み込み量を測るアクセル開度センサー、バッテリーセンサー、電気系統系センサー、速度計、タコメーター、燃料計など各種メーターがあります。それぞれの部品代と技術料が修理代としてかかります。

まとめ

エンジン警告灯が点灯するのは、エンジンの制御系のトラブルが生じたときの警告を教えてくれています。

エンジンにはいろいろな制御システムがあり、車の安全な走行を監視するシステムがコンピュター制御されています。危険性があるものについてセンサーが働いています。車が走行中には常に計測しています。センサーが異常値を検知した時にエンジン警告灯がつきます。

整備工場に行くとセンサーの記録が残っているので、どのセンサーが異常値を記録していたのかわかります。それによって、エンジン警告灯が点灯した原因がわかるのです。

O2センサーの故障なら部品代で3万ぐらいです。O2センサーのほか、エンジンへ送る空気の量を測るエアフローセンサー、カム角度、クランク角度センサー、エンジンの点火系のイグニッションセンサー、アクセルの踏み込み量を測るアクセル開度センサー、バッテリーセンサー、電気系統系センサー、速度計、タコメーター、燃料計など各種メーターがあります。それぞれの部品代と技術料が修理代としてかかります。

スポンサードリンク

 -