お役立つ日記

役立ち情報満載!口コミや比較など多数。

梅雨前のゴキブリ対策は?梅雨時期は?梅雨明けの対策は?

      2017/03/21

梅雨前のゴキブリ対策は

生ごみなどのゴキブリのエサになるものを家のなかに置かないことです。

また、キッチンの床や排水口に食べかすを残さないことです。

段ボールや古新聞はゴキブリの棲家になります。

スポンサードリンク
  

梅雨前のゴキブリ対策

ゴキブリは梅雨時期が一番、元気だと思われがちですが、じつは梅雨前からゴキブリは元気なのです。

ゴキブリは3月頃からすでに本格的に活動しています。人間もそうですが、春になると動物や生物、虫たちも元気に活動し始めます。ゴキブリも例外ではありません。梅雨時だけ気をつけておけばいいとは思っていませんか。

日本の家屋に住んでいるゴキブリはおもにクロゴキブリとチャバネゴキブリです。クロゴキブリは黒光りをしているあの大きな黒いゴキブリです。チャバネゴキブリはクロゴキブリより小さめで茶色いゴキブリです。

日本本土のゴキブリは、飛ばないので、ほったらかしすれば、自分で逃げてくれます。しかし、沖縄のゴキブリは人間に向かって飛んできます。夜によだれを流しながら寝ていると、よだれを舐めによってきます。なんて人間に馴れ馴れしいゴキブリだと思ってしまいます。しかも、沖縄のゴキブリは本土のゴキブリの1.5倍の大きさです。

梅雨時期のゴキブリ対策

梅雨時期のゴキブリ対策ですが、梅雨の時期はゴキブリにとっては絶好の繁殖時期でもあるんです。ゴキブリは暗くて湿った場所が大好きです。暖かくて狭い場所が大好きです。

だから、じめじめした梅雨の時期はゴキブリにとって、最適な季節でもあるんです。暗くて狭い場所に巣をつくり、幼虫、成虫ともじっとしています。

ゴキブリは生物のなかでも生命力は強い方です。ゴキブリは大昔から存在し続けています。ゴキブリは水1滴あれば2週間以上生きることができると言われています。

スポンサードリンク

ゴキブリは日本にもいますが、もともと熱帯性の昆虫です。気温が18度以上になると動きはじめます。30度以上になると盛んに飛ぶようです。だから日本本土ではほとんど飛ばないのです。

ゴキブリは人間が食べる物なら何でも食べます。髪の毛、動物の餌や糞など何でも食べます。好物は、ビール、玉ねぎ、段ボールです。

梅雨明けのゴキブリ対策

梅雨明けのゴキブリ対策ですが、梅雨が明けるといよいよ本格的な夏です。夏はゴキブリの繁殖期になります。ゴキブリの数がもっとも増えるのが夏です。だから梅雨明け、夏のゴキブリ対策は大切です。

ゴキブリ対策といっても、一番の対策は掃除です。ゴキブリは何でも食べます。人間の髪の毛や皮膚、垢やふけも食料です。動物のフンまでも食料です。ハトの糞も食料です。ゴミもほこりもごちそうです。

ゴキブリ対策として部屋を清潔にしておくしかありません。布団も太陽の光をあて、掃除機をかけたいものです。前にも書きましたが、ゴキブリは熱帯性の昆虫です。ゴキブリは夏が大好きです。

まとめ

ゴキブリは梅雨時期が一番、元気だと思われがちですが、じつは梅雨前からゴキブリは元気なのです。

日本の家屋に住んでいるゴキブリはおもにクロゴキブリとチャバネゴキブリです。クロゴキブリは黒光りをしているあの大きな黒いゴキブリです。チャバネゴキブリはクロゴキブリより小さめで茶色いゴキブリです。

日本本土のゴキブリは、飛ばないので、ほったらかしすれば、自分で逃げてくれます。しかし、沖縄のゴキブリは人間に向かって飛んできます。夜によだれを流しながら寝ていると、よだれを舐めによってきます。なんて人間に馴れ馴れしいゴキブリだと思ってしまいます。しかも、沖縄のゴキブリは本土のゴキブリの1.5倍の大きさです。

ゴキブリは人間が食べる物なら何でも食べます。髪の毛、動物の餌や糞など何でも食べます。好物は、ビール、玉ねぎ、段ボールです。

ゴキブリ対策といっても、一番の対策は掃除です。ゴキブリは何でも食べます。人間の髪の毛や皮膚、垢やふけも食料です。動物のフンまでも食料です。ハトの糞も食料です。ゴミもほこりもごちそうです。

ゴキブリ対策として部屋を清潔にしておくしかありません。布団も太陽の光をあて、掃除機をかけたいものです。前にも書きましたが、ゴキブリは熱帯性の昆虫です。ゴキブリは夏が大好きです。

スポンサードリンク

 - ゴキブリ