お役立つ日記

役立ち情報満載!口コミや比較など多数。

梅雨のデリケートゾーンのかゆみ対策は?頭皮や手がかゆい時は?

      2017/03/21

梅雨になるとじめじめして嫌ですね。

じめじめすると、いろんなところがかゆくなってきます。

一番いいのは通気性をよくすることです。

かゆいからといって洗いすぎると、余計にかゆくなってきてしまいます。

スポンサードリンク
  

梅雨のデリケートゾーンのかゆみ対策は?

梅雨のデリケートゾーンのかゆみ対策はほんとうに深刻です。どうして梅雨になるとデリケートゾーンがかゆくなるのでしょうか。

梅雨のときは湿度が高くなり、じめじめしています。だから、デリケートゾーンもどうしても蒸れてしまうのです。蒸れてくるとやはり肌はかゆくなってきます。敏感肌の人はどうしてもかゆくなってしまうのです。

また、心配なのは膣カンジダ症です。カンジダ菌は常在菌でカビの一種ですが、女性なら誰でも持っています。カンジダ菌は梅雨には増殖しやすいです。

梅雨は下着のなかが蒸れやすくなります。蒸れるとカンジダ菌が増殖します。カンジダ菌が増殖するとかゆみがでてきます。外陰部がかゆくなり、おりものの状態がおかしくなっていたら、腟カンジダ症の可能性があります。

腟カンジダ症になる前にまずはデリケートゾーンの蒸れ対策が必要です。綿100%のショーツにしたり、おりものシートをなるべく使わないようにすることが大切です。

また、ウォシュレットで毎回、陰部を洗浄するのも洗いすぎです。お風呂に入る時もそんなに強く洗う必要はありません。神経質な清潔感がかえって、かゆみを増す原因になります。

梅雨の頭皮のかゆみ対策

梅雨の時にかゆくなるのはデリケートゾーンだけではありません。頭皮もかゆくなります。梅雨の時期には雨が多くなるのですが、雨は水だけではありません。空気中のほこりを吸収して落ちてくるのです。

それが頭に当たると髪の毛も濡れますが、ほこりで毛穴をふさいでしまいます。酸性雨も頭皮にはよくありません。それがかゆみの原因になります。

また、梅雨の時期は夏(7月から8月)よりも紫外線が強いと言われています。夏はもしかしたら、紫外線対策をしているのかもしれません。でも、1年で紫外線が一番強いのは6月ですから。

スポンサードリンク

湿度が高いと頭皮にいる細菌やカビも繁殖しやすくなります。 汗をかくと、その汗に細菌が増殖して、くさい臭いを発生します。細菌が原因で炎症を起こすこともあります。

梅雨の頭皮のかゆみ対策は頭皮を清潔にしておくことです。シャンプーでよけいにかゆくなる人もいます。なるべく低刺激のシャンプーを選ぶようにしてください。

それから、髪を濡れたまま放置すると、細菌がどんどん繁殖します。髪にダメージを与えないように髪を早く乾かすようにしましょう。

梅雨の手のかゆみ対策

梅雨の時期は湿度も高く、手もかゆくなりがちです。梅雨の時期に手がかゆくなるのは、皮膚の上の黄色ブドウ球菌が増殖して、アレルギー体質の人や手のバリア機能が低下している人は炎症を起こしているからです。

梅雨の手のかゆみ対策ですが、デリケートゾーンと同じで、何度も手を洗えばいいと思われがちですが、実は手を洗えば洗うほどバリア機能がはがされてしまうのです。

手のバリア機能がなくなると、乾燥や外部の刺激で余計にかゆみが出てきます。何度も手洗いするより、殺菌作用のある石鹸で手を洗って、手を洗ったあとに保湿剤を塗るようにしてください。

まとめ

梅雨のときは湿度が高くなり、じめじめしています。だから、デリケートゾーンもどうしても蒸れてしまうのです。蒸れてくるとやはり肌はかゆくなってきます。敏感肌の人はどうしてもかゆくなってしまうのです。

腟カンジダ症になる前にまずはデリケートゾーンの蒸れ対策が必要です。綿100%のショーツにしたり、おりものシートをなるべく使わないようにすることが大切です。

また、ウォシュレットで毎回、陰部を洗浄するのも洗いすぎです。お風呂に入る時もそんなに強く洗う必要はありません。神経質な清潔感がかえって、かゆみを増す原因になります。

梅雨の時にかゆくなるのはデリケートゾーンだけではありません。頭皮もかゆくなります。梅雨の時期には雨が多くなるのですが、雨は水だけではありません。空気中のほこりを吸収して落ちてくるのです。

梅雨の頭皮のかゆみ対策は頭皮を清潔にしておくことです。シャンプーでよけいにかゆくなる人もいます。なるべく低刺激のシャンプーを選ぶようにしてください。

それから、髪を濡れたまま放置すると、細菌がどんどん繁殖します。髪にダメージを与えないように髪を早く乾かすようにしましょう。

梅雨の手のかゆみ対策ですが、デリケートゾーンと同じで、何度も手を洗えばいいと思われがちですが、実は手を洗えば洗うほどバリア機能がはがされてしまうのです。

手のバリア機能がなくなると、乾燥や外部の刺激で余計にかゆみが出てきます。何度も手洗いするより、殺菌作用のある石鹸で手を洗って、手を洗ったあとに保湿剤を塗るようにしてください。

スポンサードリンク

 - 梅雨対策