可睡ゆりの園に行ってきた21

可睡ゆりの園

可睡ゆりの園に行ってきました。可睡ユリの園には鳥もいます。少し大きな鳥もいました。

可睡ゆりの園の出口のところには百合の即売場とユリの根の天ぷらが売られています。それと休憩場があります。アイスクリームも売っているので、最後に一服して帰ることができます。もちろん、お土産を買う売店もありました。

出口までいく道で池を見ながら帰ることができます。この章(可睡ゆりの園に行ってきた)では、いろんなユリの話を書こうと思っていましたが、ほとんど写真だけで終わってしまってすみません。

出口から見た入口です。入園料金を払います。大人 ¥1,000、小・中学生 ¥300、幼児 無料です。開園時間は午前 9:00 から、午後 5:00です。2018年は5月26日(土)から、7月8日(日)でしたので、終了してしまいました。来年も楽しみです。ちなみに駐車料金は乗用車 ¥500です。

駐車場から入口まで、少し坂道を歩かなければいけません。ご年配の方でも元気に歩いていかれましたが、私のような軟弱者には少しきついかな。

可睡ゆりの園から可睡斎に向かう道ですが、急な階段になっています。さすが求道者には訓練になると思います。けっこうな御年輩者たちも歩いて向かっていました。昔の人は足腰を鍛えられていますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました