お役立つ日記

役立ち情報満載!口コミや比較など多数。

クリスマスローズの花言葉は?結婚しない?白色は?合格祈願?

   

クリスマスローズはクリスマスには欠かせない花になりました。クリスマスローズを栽培する人が増えてきています。クリスマスローズの魅力を知ってしまったら、もう手放せないと思います。

スポンサードリンク
  

クリスマスローズの花言葉は結婚しない?

クリスマスローズの花言葉は「結婚しない」という話もありますが、それは、クリスマスローズの花言葉のなかに「中傷」や「スキャンダル」という花言葉があるからです。「中傷」や「スキャンダル」という花言葉はクリスマスローズの根の中に毒が含まれているからです。

クリスマスローズの花言葉は、「中傷」「スキャンダル」といったブラック的に使われるより、むしろ、「追憶」、「私を忘れないで」、「私の不安を取り除いてください」、「慰め」のような癒しのイメージの方が強いかもしれません。

クリスマスローズは、ヨーロッバでは薬用の花として治療に使われていました。その香りによって病人から悪臭を取り除き、狂人が正気に戻ったといわれるほどです。実際、日本にも最初は薬用として入ってきましたが、今では観賞用として親しまれています。

クリスマスローズにはいろいろな種類があって、すべてのクリスマスローズが同じ匂いを醸し出しているわけではありません。ほとんど無臭のものもあります。芳香がきついのはたいていは原種に近いものです。しかも、匂いのくさいものもあり、これなら狂人も正気に戻るのもうなずけます。たいていは、柑橘類の香りがします。レモンやオレンジ、グループフルーツのような匂いです。

話を戻しますが、「クリスマスローズの花言葉は結婚しない?」ですが、これには私は否定的な考えを持っています。もともとクリスマスローズですから、クリスマスのバラです。クリスマスは「クリス」「マス」なので、キリストの誕生です。クリスマスローズはキリストの誕生を祝うお祝いのバラです。

クリスマスローズの由来のなかに、キリストの誕生の時に、羊飼いの少女が貧しくて、キリストに何も贈るものがないと泣いてしまい、地に落ちた涙からクリスマスローズが咲き、その花をキリストに贈ったというエピソードがあります。

キリストに最初に贈られた聖なる花です。教会の結婚式でクリスマスローズが贈られているのを見たことがあります。クリスマスローズは小さくて丈夫なので、結婚式場の装飾によく使われています。また、ウェディングブーケに使われたりします。

私はクリスマスローズは「結婚」の花だと思います。クリスマスローズの花言葉のなかには、残念ながら「結婚」という言葉はありませんが、キリストに最初に贈った「聖なる花」という意味でプレゼントされてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

クリスマスローズの花言葉は合格する?

クリスマスローズの花言葉は合格する?ですが、これは、花屋さんのこじつけみたいなものです。クリスマスローズはかわいい花弁を守っている萼片(がくへん)がありますが、この萼(がく)が落ちないから、学(がく)が落ちないとなって、「合格の花」になったようです。

特に受験生のお守りに人気があるようです。花屋さんのなかには、受験シーズンには「合格の花」というラベルを貼って売っているお店もあります。受験生を持つ親御さんにとっては、いろんなもので縁起担ぎをしたいものです。

クリスマスローズの花言葉は白色と関係するの?

クリスマスローズの花言葉は白色と関係するの?といえば、その色のイメージから、白は中毒、ピンクや赤は慰めという人もいます。クリスマスローズは白色以外にも、赤色、ピンク、黄色、緑色など様々です。なかには、黒色のクリスマスローズもあります。

ヨーロッパでは、クリスマスローズはニゲルという白い花だけを指していました。それは12月のクリスマスシーズンに咲くからです。ほとんどのクリスマスローズは1月から3月に開花します。

また、栽培環境によっては、昨年、白色だったクリスマスローズが赤くなることもあるそうです。花言葉的には中毒が慰めになって、花に慰められているようですが、気に入って買った黒色のクリスマスローズが赤くなってしまうと少しショックですよね。

クリスマスローズの花色は、温度や水分、肥料などで、変わってしまうことはよくあるみたいです。でも、クリスマスローズの株が環境に慣れてくれば、本来の色を取り戻してくれるそうです。

まとめ

クリスマスローズの花言葉は「結婚しない」という話もありますが、それは、クリスマスローズの花言葉のなかに「中傷」や「スキャンダル」という花言葉があるからです。「中傷」や「スキャンダル」という花言葉はクリスマスローズの根の中に毒が含まれているからです。

私はクリスマスローズは「結婚」の花だと思います。クリスマスローズの花言葉のなかには、残念ながら「結婚」という言葉はありませんが、キリストに最初に贈った「聖なる花」という意味でプレゼントされてはいかがでしょうか。

クリスマスローズの花言葉は合格する?ですが、これは、花屋さんのこじつけみたいなものです。クリスマスローズはかわいい花弁を守っている萼片(がくへん)がありますが、この萼(がく)が落ちないから、学(がく)が落ちないとなって、「合格の花」になったようです。

クリスマスローズの花言葉は白色と関係するの?といえば、その色のイメージから、白は中毒、ピンクや赤は慰めという人もいます。クリスマスローズは白色以外にも、赤色、ピンク、黄色、緑色など様々です。なかには、黒色のクリスマスローズもあります。

スポンサードリンク

 - クリスマス