お役立つ日記

役立ち情報満載!口コミや比較など多数。

静電気の対策ができるグッズ、服、スカート、靴、スリッパについて

   

冬になると空気が乾燥して、金属のドアノブを触って、バチッと静電気をもろに受けた経験はありませんか。痛いのもそうなんですけど、あの静電気が体の中を走った瞬間の恐ろしさを感じるのは私だけでしょうか。

車に乗る時もそうです。ドアを開けようとすると、バチッときて、それだけで運転する気もなくなります。

スポンサードリンク
  

静電気対策のグッズ

私は静電気対策のグッズとして、静電気除去ブレスレットを使っています。静電気除去ブレスレットの繊維が体に溜まっている静電気を外に放出してくれます。

静電気除去ブレスレットを使うときの注意点ですが、静電気除去ブレスレットは体の中の静電気を放出してくれるので、直接、地肌につけなければいけません。また、静電気除去ブレスレットを洋服の袖のなかに入れてしますと洋服に静電気を移してしまいます。

静電気除去ブレスレットは外から見えるようにつけてください。その意味でも静電気除去ブレスレットはおしゃれなものがいいです。私も最初はいろいろな柄の静電気除去ブレスレットをつけていましたが、今ではシリコン製のものを愛用しています。

シリコン製の静電気除去ブレスレットは、いろいろな色のついたものが売られています。私はおしゃれをするというよりも、シリコン製のものは軽いので、長時間つけていても楽だからです。

静電気を対策するには、どんな服やスカートがいいの?

冬はたいていは重ね着をするので、素材の違いで静電気を起こすものもあります。洋服に使われている繊維の中には、プラスの電気を帯びやすいもの、マイナスの電気を帯びやすいものがあります。

プラスの電気を帯びやすいものとマイナスの電気を帯びやすいものの組み合わせで、静電気を帯びることになります。一番プラスの電気を帯びやすいものがウール、つまり羊毛です。その次にナイロン、レーヨン、絹、皮と続きます。マイナスの電気を帯びやすいものとして代表的なものが、塩化ビニールで次にアクリル、ポリエステルです。中間の位置に麻や綿があります。

下着に綿の素材のものを着る人が多いと思いますので、服も全部、綿のものにそろえれば、余計な静電気が発生することもないでしょう。重ね着をするときは、なるべく同じような素材でできたものを着るようしましょう。

今はやりのフリースはポリエステルなので、その上や下に羊毛の服を着ると、フリースを脱ぐときに、すごい静電気が発生してしまうことになります。服を脱ぐときは摩擦が起こるので、それだけでも静電気が発生しやすいです。

洋服といえば、静電気でスカートが体にまとわりついて、嫌な思いをしたことってありませんか。街を歩いていて、スカートの裾が太ももに絡みついて、歩きにくくなったことはよく経験することです。

スポンサードリンク

そんなときはスカートの裾を集めるようにして、手で握りしめると、スカートのまとわりつきがなくなることがあります。手で握ることで、静電気がスカートから放電されるからです。また、乾燥しているから静電気を発生しやすいので、静電気除去スプレーをふきかけることで、静電気は空中に放電されます。

静電気除去スプレーでなくても、100均で売っているスプレーに水を入れて、水を吹きかけてもいいですし、近くの公園でハンカチを濡らして、スカートを軽くふくだけでも大丈夫です。お出かけ前に、足にハンドクリームをつけるのもいいですし、携帯用のハンドクリームを塗るだけでも静電気の恐怖から抜け出すことができます。

静電気を対策するには、スリッパや靴が肝心です。

静電気を対策するためのスリッパや靴があることはご存知でしょうか。たいていは静電気を起こしてはいけない工場のなかで、作業用の靴として使われていますが、いくつかは市販されているものもあります。

その原理は簡単で、靴底に導電素材のものを使用することで、体内に溜まっている静電気が、足裏を通って靴のなかを通って地面に放電されるのです。人間の足がアースの役割を果たしているのです。

まとめ

静電気対策のグッズとして静電気除去ブレスレットが便利です。静電気除去ブレスレットの繊維が体に溜まっている静電気を外に放出してくれます。

静電気除去ブレスレットを使うときの注意点ですが、静電気除去ブレスレットは体の中の静電気を放出してくれるので、直接、地肌につけなければいけません。また、静電気除去ブレスレットを洋服の袖のなかに入れてしますと洋服に静電気を移してしまいます。

冬はたいていは重ね着をするので、素材の違いで静電気を起こすものもあります。洋服に使われている繊維の中には、プラスの電気を帯びやすいもの、マイナスの電気を帯びやすいものがあります。

フリースはポリエステルなので、その上や下に羊毛の服を着ると、フリースを脱ぐときに、すごい静電気が発生してしまうことになります。服を脱ぐときは摩擦が起こるので、それだけでも静電気が発生しやすいです。

スカートの裾を集めるようにして、手で握りしめると、スカートのまとわりつきがなくなることがあります。手で握ることで、静電気がスカートから放電されるからです。また、乾燥しているから静電気を発生しやすいので、静電気除去スプレーをふきかけることで、静電気は空中に放電されます。

静電気を対策するためのスリッパや靴があることはご存知でしょうか。たいていは静電気を起こしてはいけない工場のなかで、作業用の靴として使われていますが、いくつかは市販されているものもあります。

スポンサードリンク

 - 静電気