お役立つ日記

役立ち情報満載!口コミや比較など多数。

手先の冷えの原因は?しびれや痛みの対策は?どんな病気がある?

      2017/10/23

手先の冷えは恐ろしい病気が隠されていることがあります。特に手先のしびれや痛みが長く続く場合には、医療機関へ行くことをお勧めします。

慢性的に冷えているような感覚があるときは冷え症です。冷え性には様々な原因がありますが、自分の冷え性になっている原因を知って、しっかりと対策をとることが必要です。

スポンサードリンク
  

手先の冷えの原因は?

手先の冷えの原因はいろいろありますが、まず考えられるのが血行不良です。血液の循環が悪いと手先まで酸素を運ぶことができないので、細胞が活性化されず、冷えたままの状態になります。

とくに貧血や低血圧などの血管に病気を持っている人は血流が滞りがちです。重篤な病気になると手先が壊死することもあるので、手先が冷えて、しびれや痛みがある場合には医者の診断が必要です。

それから、自律神経の乱れによるものが考えられます。不規則な生活をしていたり、多くのストレスを受けていると体温調節の命令を出す自律神経がうまく働かなくなります。そのために手先の冷えを感じるのです。

きつい下着や服、ズボン、靴などで、体を必要以上に締めつけていたりすると血液の流れが悪くなり、皮膚感覚が麻痺することがあります。

とくに女性は更年期になったりすると、女性ホルモンの分泌が乱れて、血液の流れが悪くなることもあります。

手先の冷えのしびれや痛みの対策は?

手先の冷えがある場合の対策は、手っ取り早い方法は温めることです。お風呂に入ったり、手をこすり合わせたりして、手先を温めてみましょう。

また、温かいものを飲んだり、食べたりすると体が温まります。運動することも体温を上げるのにいい方法です。

体を冷やすものは食べない、栄養バランスのいい食生活をする。特にミネラル、ビタミンや良質なタンパク質を摂るようにしましょう。

喫煙は百害あって一利なしです。禁煙をしただけで、冷え性が改善された方もいます。あとは規則正しい生活をして、睡眠をしっかり取ってください。

スポンサードリンク

手先の冷えにはどんな病気がある?

手先の冷えには、ほとんどが血行不良が原因なので、体を温めたり、マッサージをして血のめぐりをよくすれば、改善されることもありますが、それでも、冷えやしびれ、痛みが取れない場合は、重い病気が隠されている場合もあります。

自律神経失調症も病気といえば病気ですが、膠原病や甲状腺機能低下症ということも考えられます。また、手先の動脈が詰まっていて血の流れが悪くなっている場合は、閉塞性動脈硬化症が考えられます。

また、レイノー病、バージャー病、全身性エリテマトーデスも、冷え症に似た症状が現れることがあります。

手先のしびれに関しては、脳梗塞、脳出血、腫瘍、頚椎や腰椎のヘルニア、変形性脊椎症などの脊髄障害が関係している場合もあります。長くしびれが続く場合には医者の診断が必要です。

まとめ

手先の冷えの原因はいろいろありますが、まず考えられるのが血行不良です。血液の循環が悪いと手先まで酸素を運ぶことができないので、細胞が活性化されず、冷えたままの状態になります。

きつい下着や服、ズボン、靴などで、体を必要以上に締めつけていたりすると血液の流れが悪くなり、皮膚感覚が麻痺することがあります。

とくに女性は更年期になったりすると、女性ホルモンの分泌が乱れて、血液の流れが悪くなることもあります。

手先の冷えがある場合の対策は、手っ取り早い方法は温めることです。お風呂に入ったり、手をこすり合わせたりして、手先を温めてみましょう。

喫煙は百害あって一利なしです。禁煙をしただけで、冷え性が改善された方もいます。あとは規則正しい生活をして、睡眠をしっかり取ってください。

手先の冷えには、ほとんどが血行不良が原因なので、体を温めたり、マッサージをして血のめぐりをよくすれば、改善されることもありますが、それでも、冷えやしびれ、痛みが取れない場合は、重い病気が隠されている場合もあります。

手先のしびれに関しては、脳梗塞、脳出血、腫瘍、頚椎や腰椎のヘルニア、変形性脊椎症などの脊髄障害が関係している場合もあります。長くしびれが続く場合には医者の診断が必要です。

スポンサードリンク

 - 冷え対策