お役立つ日記

役立ち情報満載!口コミや比較など多数。

窓の掃除の頻度は?外側はワイパー、スクイージー、掃除機が便利です。

   

掃除のなかでも、窓ガラスの掃除は一番めんどくさいと思います。きれいに拭き取ったつもりでも、手垢がついていたり、水垢がついていたりします。

スポンサードリンク
  

窓の掃除の頻度は?

窓の掃除の頻度は、人それぞれだと思いますが、私は軽い掃除なら月1回から2回程度、本格的な掃除を年末と梅雨明けの2回行っています。

ほかの人にもいろいろ聞いてみましたが、月1回の人が多いようです。皆さん、案外、窓の掃除はしていらっしゃらないようです。でも、まめな人はまめで、毎日掃除される方もいました。

窓の外側の掃除にはワイパーやスクイージーが便利

私が窓の外側を掃除するときは、クイックルワイパーを使っています。そうすれば手の届かないところも掃除することができます。乾燥用のシートに窓用の洗剤をつけるのもいいですし、正規のものでないのですが窓用のシートも売られています。窓用の洗剤は二度拭きなしのものを選んだほうが楽に掃除ができます。

もしも外側の窓の上の方にも手が届くのでしたら、スクイージーを使う方法もあります。スクイージーというのは、水切りワイパーのことですが、これを使いこなすには時間がかかると思います。たいていのお店屋さんの窓はスクイージーを使っているところが多いので、窓の掃除には欠かすことのできないものでしょう。

掃除は基本的には、洗剤をつけて、こすって、水で流して、水分を拭き取るものですが、スクイージーは水分を拭き取るものです。窓の掃除には水垢がつくので、水分をきちんと拭き取らなければいけません。それなら、クイックルワイパーに窓用のシートをつけて、一回で終わらせる方が掃除の時間を短縮できます。

スポンサードリンク

窓の掃除には掃除機が便利

今は窓用の掃除機が販売されています。窓用クリーナーなら1万弱で販売されています。窓用クリーナーを使うと、もっと手っ取り早く掃除ができます。

窓用クリーナーは洗剤スプレーがついていて、洗剤を吹きかけて、それを拭いて吸引してくれます。窓だけでなくお風呂場の壁の掃除にもいいです。車の窓の掃除もできます。

今では掃除ロボットが売られています。床の掃除ロボットは、今でもよく買われていますが、窓用の掃除ロボットがあります。値段の方は5万円を超えてしまいますが、ロボットが勝手に掃除してくれます。本当に便利な世の中になってしまいました。

まとめ

窓の掃除の頻度は、人それぞれだと思いますが、私は軽い掃除なら月1回から2回程度、本格的な掃除を年末と梅雨明けの2回行っています。

私が窓の外側を掃除するときは、クイックルワイパーを使っています。そうすれば手の届かないところも掃除することができます。乾燥用のシートに窓用の洗剤をつけるのもいいですし、正規のものでないのですが窓用のシートも売られています。窓用の洗剤は二度拭きなしのものを選んだほうが楽に掃除ができます。

今は窓用の掃除機が販売されています。窓用クリーナーなら1万弱で販売されています。窓用クリーナーを使うと、もっと手っ取り早く掃除ができます。

今では掃除ロボットが売られています。床の掃除ロボットは、今でもよく買われていますが、窓用の掃除ロボットがあります。値段の方は5万円を超えてしまいますが、ロボットが勝手に掃除してくれます。本当に便利な世の中になってしまいました。

スポンサードリンク

 - 掃除