お役立つ日記

役立ち情報満載!口コミや比較など多数。

インフルエンザが家族に移る確率は?うつるのはいつ?うつらない人

   

インフルエンザウィルスが流行する季節は嫌ですね。インフルエンザになる前に、しっかりとした予防対策をすることで、インフルエンザにうつることもないでしょう。

スポンサードリンク
  

インフルエンザが家族に移る確率は?

インフルエンザが家族に移る確率は、おおよそ1割程度と言われていますが、これはおおよその数字であって、気をつけるに越したことはありません。相手がインフルエンザであることを知らないで移ってしまった場合がほとんどです。家族がインフルエンザにかかっているとわかっているのでしたら、部屋の温度や湿度を高くしたり、個室で寝てもらったり、感染者にマスクをして、うつらないように対策すればほとんど心配ないです。

大人がインフルエンザにかかった場合は、家族にうつらないようにマスクをしたりとか、なるべく家族の近くに行かないとか、それなりの対策を講じることができます。しかし、子供が感染した場合は、そのようなことをしないので、子供からうつされる可能性が高いともいわれています。

インフルエンザに感染しても、その自覚がないことが多いです。実際、インフルエンザに感染しても発症するのに2、3日かかる場合もあります。免疫力のある人はたとえインフルエンザに感染したとしても、自分の自然治癒力で治してしまいます。

また、インフルエンザは、インフルエンザウィルスの数が少ない段階で医者に診てもらったとしても、インフルエンザと診断してくれない可能性が高いです。

たいていの場合は、インフルエンザの検査は簡易キットを使って、鼻の奥や喉の奥を細い綿棒で拭って、その中にインフルエンザウィルスがいるかどうかを調べます。

しかし簡易キットの場合、発症して12時間はインフルエンザウィルスの数が少なすぎて陰性(感染していない)の判定がでます。そういう場合は医者は明日も来るように言われます。

インフルエンザの診断を受けるためには、インフルエンザが発症して12時間立たないといけないわけですが、12時間もたっていると、相当、症状は悪化しています。体全体がだるいとか高熱が出ているとかの症状が出ています。

また、分析装置による検査を行っている病院もあります。分析装置による検査は、分析装置がインフルエンザウイルスがいるかを判定します。分析装置ならば、陽性(感染している)の診断を受けやすいです。

インフルエンザがうつるのはいつ?

インフルエンザがうつるのはいつと言われれば、感染している人からでも、インフルエンザウィルスを持っているわけですから感染します。

ようするに、感染して発症するまでの潜伏期間であっても、人にうつす可能性があるということです。そして感染経路は、感染者の咳やくしゃみで、飛んでくる飛沫で感染する飛沫感染と、感染者が触ったドアノブや手すりから感染する接触感染、感染者と同じ空間にいることで、インフルエンザウィルスを空気を通して吸ってしまう空気感染があります。

また、感染者がインフルエンザをたくさん持っているときが、一番、感染させやすいと言われています。つまり、インフルエンザを発症してから3日間です。

また、インフルエンザは熱が下がっても2日間は体にいると言われていますので、発症してから7日間は様子を見る必要があります。医者にいっても、学校での指導でも、インフルエンザの場合は、1週間は学校や会社を休むように言われます。

スポンサードリンク

インフルエンザがうつらない人

インフルエンザがうつらない人ですが、まずは免疫力の高い人です。免疫力を高めるには、規則正しい生活、バランスの良い食事、十分な睡眠、適度な運動です。

健康優良児は免疫力が高いので病気にはなりにくいです。たとえ、感染したとしても、発症する前に、インフルエンザウィルスを体外に追い出したりやっつけたりします。

逆にいえば、普段から疲れやストレスを溜めない健康管理をしておけば、インフルエンザがうつらないということになります。

それと、健康でない人であったとしても、インフルエンザ予防対策をしている人はインフルエンザにかかる確率が低いです。予防注射を受けたり、マスクをしたり、家に帰ったら、うがい、手洗いをしたりすることを習慣化している人です。

インフルエンザは飛沫感染と接触感染と空気感染を経路としています。だから、人混みの多いところを避けて、マスクをして、うがいと手洗いをすれば、ある程度、うつらないですむと思います。

また、インフルエンザは低温、低湿を好みますので、部屋の温度や湿度を上げたり、部屋の換気をすることで、インフルエンザウィルスは死滅するか活動することができなくなります。最新の空気清浄機はウィルスを除去してくれる機能があります。

まとめ

インフルエンザが家族に移る確率は、おおよそ1割程度と言われていますが、これはおおよその数字であって、気をつけるに越したことはありません。相手がインフルエンザであることを知らないで移ってしまった場合がほとんどです。家族がインフルエンザにかかっているとわかっているのでしたら、部屋の温度や湿度を高くしたり、個室で寝てもらったり、感染者にマスクをして、うつらないように対策すればほとんど心配ないです。

また、インフルエンザは、インフルエンザウィルスの数が少ない段階で医者に診てもらったとしても、インフルエンザと診断してくれない可能性が高いです。簡易キットの場合、発症して12時間はインフルエンザウィルスの数が少なすぎて陰性(感染していない)の判定がでます。そういう場合は医者は明日も来るように言われます。

感染して発症するまでの潜伏期間であっても、人にうつす可能性があるということです。そして感染経路は、感染者の咳やくしゃみで、飛んでくる飛沫で感染する飛沫感染と、感染者が触ったドアノブや手すりから感染する接触感染、感染者と同じ空間にいることで、インフルエンザウィルスを空気を通して吸ってしまう空気感染があります。

インフルエンザがうつらない人ですが、まずは免疫力の高い人です。免疫力を高めるには、規則正しい生活、バランスの良い食事、十分な睡眠、適度な運動です。逆にいえば、普段から疲れやストレスを溜めない健康管理をしておけば、インフルエンザがうつらないということになります。

また、インフルエンザは低温、低湿を好みますので、部屋の温度や湿度を上げたり、部屋の換気をすることで、インフルエンザウィルスは死滅するか活動することができなくなります。最新の空気清浄機はウィルスを除去してくれる機能があります。

スポンサードリンク

 - インフルエンザ