お役立つ日記

役立ち情報満載!口コミや比較など多数。

インフルエンザの食事療法は?食事で予防できる?子供の食事は?

      2017/11/10

インフルエンザにかかると食事どころではなくなります。でも、水分補給だけはしっかりしないと脱水状態になります。普段のバランスの摂れた食事をすることで、インフルエンザや風邪のかからない体になっているものですよ。


スポンサードリンク
  

インフルエンザの食事療法は?

インフルエンザの食事療法といえば、とにかく栄養をつけるしかありません。インフルエンザの治療薬として、タミフルが有名ですが、タミフルで完治するというよりも、タミフルでインフルエンザの増殖を抑えて、人間の体に本来、備わっている自然治癒力や免疫力で、インフルエンザをやっつけるというのが正解だと思います。

タミフルでさえ、インフルエンザが発症して48時間しか、その効果がないと言われています。つまり、インフルエンザの食事療法としては体が元気になるバランスの摂れた食事がいいです。

しかし熱が下がらないときは食欲もありません。熱があると汗をかいていますし、脱水状態に陥りやすいです。まずは水分補給が大切です。

基本的には水分補給は食塩とブトウ糖が入っている経口補水液がいいです。この経口補水液は家庭でも作ることができるそうです。1リットルの水に砂糖40g(大さじ4杯ぐらい)食塩3g(小さじ半分)とレモン汁を混ぜるだけです。

私の家庭では、OS-1かポカリスエットを飲んでいます。子供にはオレンジジュースを飲ましています。とにかく水分補給しないことには体は元気になりません。

食欲がでれば「おかゆ」です。食事が摂れていなければ「重湯」です。それから卵入りのおかゆです。元気が出ればそれにネギなどの野菜を加えたりします。

インフルエンザは食事で予防できる?

インフルエンザは食事で予防できるかどうかは、その時の体の健康状態によります。インフルエンザにしろ、風邪にしろ、感染者のところに行かなければいいですが、外には感染したと自覚のない感染者がたくさんいます。

さすがにインフルエンザに感染して高熱が出れば、家の中で寝ているしかないのですが、発症しない間は外出しているわけです。インフルエンザは11月下旬から始まり、2月上旬にピークを迎えて3月まで続きますので、その間のマスクやうがい手洗い、健康管理を怠らないことが肝要です。

インフルエンザを食事で予防するとしたら、まずはビタミンCの摂取です。ある研究では、1日に500mgのビタミンCを接種するとインフルエンザや風邪にかかるリスクが減少するそうです。

また、体の免疫力を高めることも有効です。そのためにはビタミンDが有効とされています。ビタミンDで、季節性インフルエンザAの罹患率が下がったという報告があるそうです。

ビタミンDが含まれている食品としては、魚が多いです。かわはぎ、さけ、ます、にしん、うなぎ、しらす干しなど多くのビタミンDを含んでいます。魚のほかには、きのこ類、きくらげ、まいたけ、卵黄に含まれています。

スポンサードリンク

ビタミンD以外にも免疫力を高めるのに、タンパク質やヨーグルトなどの発酵食品もいいとされています。

インフルエンザの時の子供の食事は?

インフルエンザの時の子供の食事ですが、まずは水分補給が大切なので、経口補水液を飲ませましょう。嫌がるならオレンジジュース、麦茶でもかまいません。子供が好きなジュースでもいいと思います。

私の家庭では、アイスクリームを食べさせています。熱が出て食欲がなくても、アイスクリームだけは食べてくれます。あとはプリンですね。プリンも喜んで食べてくれます。

まとめ

インフルエンザの食事療法といえば、とにかく栄養をつけるしかありません。インフルエンザの治療薬として、タミフルが有名ですが、タミフルで完治するというよりも、タミフルでインフルエンザの増殖を抑えて、人間の体に本来、備わっている自然治癒力や免疫力で、インフルエンザをやっつけるというのが正解だと思います。

しかし熱が下がらないときは食欲もありません。熱があると汗をかいていますし、脱水状態に陥りやすいです。まずは水分補給が大切です。

基本的には水分補給は食塩とブトウ糖が入っている経口補水液がいいです。この経口補水液は家庭でも作ることができるそうです。1リットルの水に砂糖40g(大さじ4杯ぐらい)食塩3g(小さじ半分)とレモン汁を混ぜるだけです。

食欲がでれば「おかゆ」です。食事が摂れていなければ「重湯」です。それから卵入りのおかゆです。元気が出ればそれにネギなどの野菜を加えたりします。

インフルエンザを食事で予防するとしたら、まずはビタミンCの摂取です。ある研究では、1日に500mgのビタミンCを接種するとインフルエンザや風邪にかかるリスクが減少するそうです。

また、体の免疫力を高めることも有効です。そのためにはビタミンDが有効とされています。ビタミンDで、季節性インフルエンザAの罹患率が下がったという報告があるそうです。

ビタミンDが含まれている食品としては、魚が多いです。かわはぎ、さけ、ます、にしん、うなぎ、しらす干しなど多くのビタミンDを含んでいます。魚のほかには、きのこ類、きくらげ、まいたけ、卵黄に含まれています。

ビタミンD以外にも免疫力を高めるのに、タンパク質やヨーグルトなどの発酵食品もいいとされています。

インフルエンザの時の子供の食事ですが、まずは水分補給が大切なので、経口補水液を飲ませましょう。嫌がるならオレンジジュース、麦茶でもかまいません。子供が好きなジュースでもいいと思います。

私の家庭では、アイスクリームを食べさせています。熱が出て食欲がなくても、アイスクリームだけは食べてくれます。あとはプリンですね。プリンも喜んで食べてくれます。

スポンサードリンク

 - インフルエンザ