お役立つ日記

役立ち情報満載!口コミや比較など多数。

インフルエンザ予防接種の効果はいつから?効果持続期間は?ピークは?

   

インフルエンザを予防するには、うがいや手洗いが効果があると思いますが、一番の予防方法はインフルエンザワクチンの予防接種です。

スポンサードリンク
  

インフルエンザ予防接種の効果はいつから?

インフルエンザ予防接種の効果はいつからというと予防接種の2週間後と言われています。インフルエンザは早ければ10月にかかる人もいます。でも、インフルエンザの予防接種効果持続期間を考えると、インフルエンザの流行時期に合わせて受けた方がいいです。

インフルエンザの流行時期は12月後半から3月までと言われています。そして、インフルエンザのピークが1月の下旬です。予防接種の効果が出始めるのが予防接種を打ってから2週間後なので、11月の下旬から12月の前半に受けるのが効果的です。

インフルエンザ予防接種の効果持続期間は?

インフルエンザ予防接種の効果持続期間は5か月だと言われています。インフルエンザ予防接種の効果には個人差があるので、一概には言えませんが、10月に予防接種をすると、3月には予防接種の効果がなくなっているかもしれません。

それを考えると、11月の下旬から12月の初旬というのが、インフルエンザの予防接種を受けるには、いい時期なのかもしれません。

インフルエンザ予防接種の効果のピークは?

インフルエンザ予防接種の効果にもピークがあります。一般的には予防接種をして2週間後には効果が現れ、1か月後に効果がピークになると言われています。そして、3か月後から効果が薄まり、5か月後には効果がなくなります。

インフルエンザの効果は個人差がありますので、すべての人があてはまるわけではありません。インフルエンザの予防接種を打たなくても、まったくインフルエンザにかからない人もいます。

スポンサードリンク

毎年、インフルエンザの予防接種を打っているのに、毎年、インフルエンザに感染してしまう人もいます。インフルエンザワクチンの有効率は、健康な成人でおよそ60%と言われています。

有効率というのは、予防接種を受けた人と受けなかった人を比べて算出されます。1グループ40人の予防接種を受けなかったグループと予防接種を受けたグループを比較して、予防接種を受けなかったグループから10人発病したのに対して、予防接種を受けたグループから4人発病したとして、予防接種をしたことで本来なら10人かかるところを、10-4=6人がインフルエンザから免れたとして、6/10=60%の有効率ということになります。

また、インフルエンザワクチンによってできた抗体は5か月を越えて体内に残ることはありません。次の年にはまた予防接種をしなければなりません。

まとめ

インフルエンザ予防接種の効果はいつからというと予防接種の2週間後と言われています。

インフルエンザの流行時期は12月後半から3月までと言われています。そして、インフルエンザのピークが1月の下旬です。予防接種の効果が出始めるのが予防接種を打ってから2週間後なので、11月の下旬から12月の前半に受けるのが効果的です。

インフルエンザ予防接種の効果持続期間は5か月だと言われています。インフルエンザ予防接種の効果には個人差があるので、一概には言えませんが、10月に予防接種をすると、3月には予防接種の効果がなくなっているかもしれません。

毎年、インフルエンザの予防接種を打っているのに、毎年、インフルエンザに感染してしまう人もいます。インフルエンザワクチンの有効率は、健康な成人でおよそ60%と言われています。

また、インフルエンザワクチンによってできた抗体は5か月を越えて体内に残ることはありません。次の年にはまた予防接種をしなければなりません。

スポンサードリンク

 - インフルエンザ