お役立つ日記

役立ち情報満載!口コミや比較など多数。

インフルエンザの注射後の腫れは?副作用はあるの?お酒は飲んでいい?

   

インフルエンザの予防注射を打ったあと、腫れてしまったことがありませんか。私も今年、インフルエンザの予防接種を受けて腫れてしまったのですが、これは心配ないようです。

スポンサードリンク
  

インフルエンザの注射後の腫れは?

厚生労働省のホームページによると、接種局所の発赤(赤み)、腫脹(腫れ)、疼痛(痛み)は予防接種を受けた人の10%から20%に起こるそうです。そして、その腫れも、通常2から3日で消失するそうです。私の場合もいつのまにか腫れがひいてました。

驚いたのは10人受けたらそのうち1人か2人は腫れるみたいで、思ったよりも多くの人が経験しているものです。これらの症状は副反応と呼ばれています。

注射を打った場所の腫れは部分的な症状ですが、なかには全身症状として現れる場合もあります。発熱、頭痛、悪寒、寒気、倦怠感やだるさなどが見られます。まれに、発疹、じんましん、発赤(赤み)、掻痒感(かゆみ)などのワクチンに対するアレルギー反応が出る人もいます。

全身症状の場合は部分的な腫れよりは少ないですが、予防接種を受けた人の5%から10%です。これらも厚生労働省の調べによると、通常2、3日で消失するそうです。

逆にいえば、3日以上症状が消えない場合は医療機関へ行くしかないと思います。恐ろしいのは副作用の方です。

インフルエンザの注射後の副作用はあるの?

インフルエンザの注射後の副作用はあります。だから、予防接種を受ける前に同意書を書きます。そこには、「十分に納得できない場合には接種を受けないでください」とまで書かれています。

今はインフォームドコンセント(説明と同意)は当たり前の時代になりました。インフォームドコンセントは、医師の十分な説明に基づく患者の同意のことです。

法律に基づくインフルエンザの予防接種は、あくまでも本人の意思に基づいて接種を受けるものです。インフォームドコンセントがない場合は医師は接種を行いません。

インフルエンザの注射後の副作用で恐ろしいのはアナフィラキシー症状です。アナフィラキシーというのは通常、接種後約30分以内に起こるひどいアレルギー反応のことです。吐き気、嘔吐(おうと)、発汗、じんましん、喉の腫れによって気道がつまったり、アナフィラキシーショックといって、血圧が急激に低下するこで命に関わる危険な状態になることもあります。

また、ギランバレー症候群、急性散在性脳脊髄炎、ぜんそく発作、肝機能障害が現れることがあります。

これらの副作用を避けるために、さきほどの同意書のなかに「予防接種を受けることができない人」の記述があり、明らかに発熱のある人、重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな人、インフルエンザ予防接種に含まれる成分によってアナフィラキシーを起こしたことがあることが明らかな人は予防接種を受けられないことになっています。

あと、医者の判断で接種不適当とされた場合は予防接種を受けることができません。そのなかに、心臓病、じん臓病、肝臓病や血液、その他慢性の病気で治療を受けている人、今までにけいれんを起こしたことがある人、今までにぜん息と診断されたことがある人、インフルエンザ予防接種の成分又は鶏卵、鶏肉、その他の鶏由来のものに対して、アレルギーがあるといわれたことがある人、今までに中耳炎や肺炎などによくかかり、免疫状態を検査して異常を指摘されたことのある人、前にインフルエンザの予防接種を受けたとき、2日以内に発熱、発疹(ほっしん)、じんましんなどアレルギーを思わす異常がみられた人が含まれています。

スポンサードリンク

インフルエンザの注射後はお酒は飲んでいい?

インフルエンザの注射後はお酒は飲んでいいかと聞かれたら、飲まない方が無難ですよとしか言えません。でも、会社にはおつきあいもありますし、接待なら断ることができないかもしれません。本当なら予防接種当日はいい休肝日になると思うのですが・・・

厚生労働省のインフルエンザ予防接種ガイドラインによると、予防接種を受けた後の一般的注意事項として、

1.予防接種を受けた後30分間は、急な副反応が起こることがあります。医師(医療機関)とすぐに連絡を取れるようにしておきましょう。

2.インフルエンザワクチンの副反応の多くは24時間以内に出現しますので、特にこの間は体調に注意しましょう。

3.入浴は差し支えありませんが、注射した部位を強くこすることはやめましょう。

4.接種当日はいつも通りの生活をしてもかまいませんが、激しい運動や大量の飲酒は避けましょう。

と書かれています。「大量の飲酒は避けましょう。」と言うなら、少しのお酒ならいいことになりますが、あくまでも自己責任です。

まとめ

厚生労働省のホームページによると、接種局所の発赤(赤み)、腫脹(腫れ)、疼痛(痛み)は予防接種を受けた人の10%から20%に起こるそうです。そして、その腫れも、通常2から3日で消失するそうです。私の場合もいつのまにか腫れがひいてました。

注射を打った場所の腫れは部分的な症状ですが、なかには全身症状として現れる場合もあります。発熱、頭痛、悪寒、寒気、倦怠感やだるさなどが見られます。まれに、発疹、じんましん、発赤(赤み)、掻痒感(かゆみ)などのワクチンに対するアレルギー反応が出る人もいます。

インフルエンザの注射後の副作用で恐ろしいのはアナフィラキシー症状です。アナフィラキシーというのは通常、接種後約30分以内に起こるひどいアレルギー反応のことです。吐き気、嘔吐(おうと)、発汗、じんましん、喉の腫れによって気道がつまったり、アナフィラキシーショックといって、血圧が急激に低下するこで命に関わる危険な状態になることもあります。

また、ギランバレー症候群、急性散在性脳脊髄炎、ぜんそく発作、肝機能障害が現れることがあります。

これらの副作用を避けるために、さきほどの同意書のなかに「予防接種を受けることができない人」の記述があり、明らかに発熱のある人、重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな人、インフルエンザ予防接種に含まれる成分によってアナフィラキシーを起こしたことがあることが明らかな人は予防接種を受けられないことになっています。

インフルエンザの注射後はお酒は飲んでいいかと聞かれたら、飲まない方が無難ですよとしか言えません。でも、会社にはおつきあいもありますし、接待なら断ることができないかもしれません。本当なら予防接種当日はいい休肝日になると思うのですが・・・

スポンサードリンク

 - インフルエンザ