お役立つ日記

役立ち情報満載!口コミや比較など多数。

インフルエンザの妊婦の胎児への影響は?危険性は?イナベルは?

      2017/11/20

妊婦さんがインフルエンザに罹ったら大変です。赤ちゃんへの影響を考えると恐ろしくなります。

スポンサードリンク
  

インフルエンザの妊婦の胎児への影響は?

結論から言いますと、インフルエンザの妊婦の胎児への影響は大きいです。予防接種の赤ちゃんへの影響を考えると、躊躇してしまうお母さん方も多いですが、インフルエンザにかかって重症化するリスクを考えたら、予防接種を受けたほうがいいです。

妊婦は妊婦でない人に比べたら、インフルエンザにかかった時、重症化しやすいです。日本ではまだ、インフルエンザにで死亡された人がいません。でも、諸外国では多くの妊婦の方々がお亡くなりになられています。

また、今はタミフルやリレンザ、イナベルなどの抗インフルエンザ薬の投与が、発症後48時間以降になり、服用の遅れた妊婦さんの重症化率が高いことも報告されています。

インフルエンザワクチンの妊婦の危険性は?

インフルエンザワクチンが妊婦にとって危険性のあるものかというと、妊婦へのインフルエンザワクチンに関しては安全性と有効性が証明されています。

新型インフルエンザワクチンに関しても、妊婦における重篤な副作用報告はありません。妊婦さんのなかには、有機水銀、チメロサール等の保存剤を気にしている方が多いですが、チメロサール等の保存剤が含まれていても安全性に問題はないことが証明されているそうです。

インフルエンザの妊婦の薬としてイナベルは?

インフルエンザの妊婦の薬としてイナベルは、今のところ問題はありません。イナビルは2010年に認可されたい抗インフルエンザウイルス薬で、タミフルやリレンザに比べると一番新しい薬です。それだけにたくさんのデータが集まっていないのかもしれません。

スポンサードリンク

日本産科婦人科学会が2012年から2013年にかけて行った調査では、イナビルを服用して、流産、早産、胎児形態異常などは増加しなかったと報告されています。イナビルはリレンザと同じ吸入薬です。1回吸入するだけで治療が終了します。効果が長時間持続します。

妊婦がインフルエンザに感染したら、48時間に抗インフルエンザウイルス薬を投与すると重症化が防げます。実際、イナベルを使用するかどうかは医者の判断です。

妊娠すると産婦人科のかかりつけ医がいらっしゃると思いますので、お医者さんに相談するのが一番いいです。

まとめ

結論から言いますと、インフルエンザの妊婦の胎児への影響は大きいです。予防接種の赤ちゃんへの影響を考えると、躊躇してしまうお母さん方も多いですが、インフルエンザにかかって重症化するリスクを考えたら、予防接種を受けたほうがいいです。
 

また、今はタミフルやリレンザ、イナベルなどの抗インフルエンザ薬の投与が、発症後48時間以降になり、服用の遅れた妊婦さんの重症化率が高いことも報告されています。

インフルエンザワクチンが妊婦にとって危険性のあるものかというと、妊婦へのインフルエンザワクチンに関しては安全性と有効性が証明されています。

インフルエンザの妊婦の薬としてイナベルは、今のところ問題はありません。イナビルは2010年に認可されたい抗インフルエンザウイルス薬で、タミフルやリレンザに比べると一番新しい薬です。それだけにたくさんのデータが集まっていないのかもしれません。

妊娠すると産婦人科のかかりつけ医がいらっしゃると思いますので、お医者さんに相談するのが一番いいです。

スポンサードリンク

 - インフルエンザ, 妊婦, 赤ちゃん