お役立つ日記

役立ち情報満載!口コミや比較など多数。

インフルエンザの妊婦の予防投与は?薬はイナビルは?副作用は?

   

インフルエンザは妊婦さんにとって恐ろしい病気です。予防接種を受けたとしても、それだけでは安心できません。自分か持病を持っていたり、子供が学校からインフルエンザウィルスを持って帰ってくる可能性だってあるのです。

ましてや自分の子供がインフルエンザに感染したら自分が看病するしかありません。自分の体や赤ちゃんを守るひとつの方法として抗インフルエンザ薬の予防投与(タミフル、リレンザ、イナビル)があります。

スポンサードリンク
  

インフルエンザの妊婦の予防投与は?

インフルエンザの妊婦の予防投与はかかりつけ医の判断で投与されることになります。気になる方はかかりつけ医に相談してください。

インフルエンザの予防投与とは、インフルエンザに感染する前に予防のために、抗インフルエンザ薬を投与することです。インフルエンザの予防のためには予防接種が有効ですが、予防接種の場合は、その効果が現れるためには2週間の期間が必要です。

インフルエンザの予防投与を受けるための条件として、インフルエンザを発症している患者さんと一緒に生活していることが原則となります。そして、それが認められているのは、65歳以上の高齢者、慢性呼吸器疾患患者、慢性心疾患患者、糖尿病などの代謝性疾患患者、腎機能障害患者で、どの方もインフルエンザに感染すると重症化してしまう患者さんがほとんどです。

妊婦さんの場合は該当されていませんので、妊婦さん自身の希望と体の状態と持病などからかかりつけ医が判断されると思います。予防投与の場合は保険が適用されませんので、自己負担になりますが、自治体によっては自己負担分が公費負担となる場合もありますので、予防投与を考えている人は自治体に聞いてみてください。

一番心配される妊婦さんはお子さんのいらっしゃる方だと思います。子供がインフルエンザに感染した場合、母親としては面倒を見るしかありません。祖母は高齢のため、頼めないし、他にお世話する人はいないと思います。

妊婦さんが慢性呼吸器疾患患者、慢性心疾患患者、代謝性疾患患者、腎機能障害患者であれば、予防投与が受けられます。

インフルエンザの妊婦の予防投与の薬は?イナビルは?

インフルエンザの予防投与の薬として、タミフル、リレンザ、イナビルの3種類の抗インフルエンザ薬が承認されています。

イナビルが人気が高いのは、一番新しい抗インフルエンザ薬ということと、1回でも効果が認められていて、持続期間が長いということです。ただ、リレンザ、イナビルは、乳糖を製剤に利用しているので、乳製品にアレルギーを持つ方には慎重投与になっています。

イナビルは2日間の投与で10日間効果が持続します。タミフルとリレンザは1日1回の投与で10日間使用です。そして、この10日間しか予防の効果は期待できません。また、予防投与をしたからといって、インフルエンザに感染しないとは言い切れません。

私はインフルエンザの妊婦の予防投与の効果は、インフルエンザの感染よりもむしろ、インフルエンザに感染したときの重症化を防ぐ点にあると思います。

スポンサードリンク

抗インフルエンザ薬の副作用は?

抗インフルエンザ薬の副作用は薬なのであります。副作用のない薬なんてこの世に存在しません。薬はそのさじ加減で、薬にもなるし毒にもなります。だから、取扱説明書や医者の説明が重要なのです。そのために医者に高い診察料を払っているのです。

タミフルの副作用は下痢、腹痛、吐き気など消化器症状です。いずれも低頻度です。タミフルの副作用として、以前、ベランダから飛び降りるという異常行動が問題になったことがありました。

現在の研究ではインフルエンザ薬と異常行動との因果関係は不明です。異常行動はインフルエンザの発症自体に伴うものとされ、タミフルの服用の有無にかかわらず、異常行動はインフルエンザ自体に伴って発現する場合があるとされています。

リレンザの副作用は下痢、悪心、嘔吐などの消化器症状です。頻度は低いです。また、まれに発疹、顔面浮腫、蕁麻疹などの過敏症が現れる場合もあります。過敏症が出た場合には使用を中止してください。

イナビルの副作用は下痢、めまい、悪心、蕁麻疹、発熱などがありますが、頻度は低いです。先ほども記載しましたが、リレンザ、イナビルは、乳製品にアレルギーを持つ方には慎重投与になっています。

いずれの場合にも、薬の添付文書の記載のなかに、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うことと書かれてあります。症状が現れた場合には直ちにかかりつけ医や病院のお医者さんに相談するようにしてください。

まとめ

インフルエンザの妊婦の予防投与はかかりつけ医の判断で投与されることになります。気になる方はかかりつけ医に相談してください。

インフルエンザの予防投与とは、インフルエンザに感染する前に予防のために、抗インフルエンザ薬を投与することです。

インフルエンザの予防投与を受けるための条件として、インフルエンザを発症している患者さんと一緒に生活していることが原則となります。そして、それが認められているのは、65歳以上の高齢者、慢性呼吸器疾患患者、慢性心疾患患者、糖尿病などの代謝性疾患患者、腎機能障害患者で、どの方もインフルエンザに感染すると重症化してしまう患者さんがほとんどです。

インフルエンザの予防投与の薬として、タミフル、リレンザ、イナビルの3種類の抗インフルエンザ薬が承認されています。

イナビルが人気が高いのは、一番新しい抗インフルエンザ薬ということと、1回でも効果が認められていて、持続期間が長いということです。ただ、リレンザ、イナビルは、乳糖を製剤に利用しているので、乳製品にアレルギーを持つ方には慎重投与になっています。

抗インフルエンザ薬の副作用は薬なのであります。副作用のない薬なんてこの世に存在しません。薬はそのさじ加減で、薬にもなるし毒にもなります。だから、取扱説明書や医者の説明が重要なのです。そのために医者に高い診察料を払っているのです。

いずれの場合にも、薬の添付文書の記載のなかに、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うことと書かれてあります。症状が現れた場合には直ちにかかりつけ医や病院のお医者さんに相談するようにしてください。

スポンサードリンク

 - インフルエンザ, 妊婦, 赤ちゃん