お役立つ日記

役立ち情報満載!口コミや比較など多数。

めまいと頭痛とストレスの関係は?肩こりは?片頭痛、耳鳴りがする。

   

めまいを起こすと吐き気だけでなく、頭痛や肩こり、耳鳴りがひどくなる場合があります。めまいは体からの危険信号ですが、あまりにもその原因がたくさんありすぎて、医者に診断してもらうしかありませんが、それでも原因不明のことが多いです。

スポンサードリンク
  

めまいと頭痛とストレス

めまいがして頭痛が伴う場合があります。めまいといっても、目がまわる回転性のめまいもあれば、体が浮いたような感じの浮遊性のめまい、立ちくらみのようなめまいがあります。

めまいも頭痛も日常的に起きる症状ですが、原因がよくわからないというのと、めまいの原因も頭痛の原因も複数あるということです。

ここでも、そのなかの一部分しかお伝えすることができません。めまいや頭痛が長引く場合は医療機関へ行かざるを得ません。それでも、めまいや頭痛の原因がわかればいい方だと思います。

ひどい時には耳鼻科に行っても、内科に行っても原因が不明な場合もあります。よく言われるのが、疲れ気味だとかストレスのせいにされてしまいます。そうなってくると栄養をとって、しっかり休養をとるしかありませんが、一晩ぐっすり寝てよくなる人もなかにはいます。

めまいと頭痛と肩こり

浮遊性のめまいを伴う場合に肩が凝っていることが多くあります。肩こりだけでなく、背中や頭の筋肉が緊張しているために頭痛がすることがあります。緊張型頭痛といって最も多く認められる頭痛です。筋収縮性頭痛と言われていましたが、筋肉の収縮のない頭痛もあるため、緊張型頭痛と呼ばれています。

緊張型頭痛は首筋が張る、肩こりがひどいです。しかも頭痛が徐々に始まります。頭痛というよりも頭が重い感じがすることもあります。一般的な片頭痛よりも長く続きます。

めまいと片頭痛と耳鳴り

めまいは、たいていは耳の病気か脳の病気が多いです。片頭痛は耳や脳の病気ではありません。しかし、片頭痛を患うと頭痛だけでなくめまいや吐き気も催します。

スポンサードリンク

脳の病気の場合は命の危険があります。医者はCTやMRI検査を行います。脳卒中や脳梗塞、脳腫瘍の可能性があるからです。もし、検査をして何も見つからなければ、まずは一安心です。片頭痛として診断されて、疲労、ストレスのせいにされます。

めまいは疲労やストレスや睡眠不足で自律神経が乱れたときにも起こりやすいです。また、脳への血液の流れが悪いと酸欠状態でめまいが起こります。

血液の流れを行っているのが自律神経になります。自律神経が乱れると頭に血が回らなくなります。自律神経を乱す一番の原因がストレスということになっています。

自律神経は交感神経と副交感神経があって、ストレスがかかると交感神経の方が優勢になります。交感神経が緊張すると血管を絞めてしまいます。ところが過度の緊張がなくなると、今度は血液が勢いよく流れて血管を拡張してしまいます。その時に三叉神経を刺激して、片頭痛や耳鳴りが激しくなると言われています。

まとめ

めまいがして頭痛が伴う場合があります。めまいといっても、目がまわる回転性のめまいもあれば、体が浮いたような感じの浮遊性のめまい、立ちくらみのようなめまいがあります。

ひどい時には耳鼻科に行っても、内科に行っても原因が不明な場合もあります。よく言われるのが、疲れ気味だとかストレスのせいにされてしまいます。そうなってくると栄養をとって、しっかり休養をとるしかありませんが、一晩ぐっすり寝てよくなる人もなかにはいます。

緊張型頭痛は首筋が張る、肩こりがひどいです。しかも頭痛が徐々に始まります。頭痛というよりも頭が重い感じがすることもあります。一般的な片頭痛よりも長く続きます。

めまいは、たいていは耳の病気か脳の病気が多いです。片頭痛は耳や脳の病気ではありません。しかし、片頭痛を患うと頭痛だけでなくめまいや吐き気も催します。

めまいは疲労やストレスや睡眠不足で自律神経が乱れたときにも起こりやすいです。また、脳への血液の流れが悪いと酸欠状態でめまいが起こります。

血液の流れを行っているのが自律神経になります。自律神経が乱れると頭に血が回らなくなります。自律神経を乱す一番の原因がストレスということになっています。

スポンサードリンク

 - めまい