お役立つ日記

役立ち情報満載!口コミや比較など多数。

洗濯で花粉の落とし方は?黄砂を落とす?乾燥機の使い方は?

   

思わずユリの花を匂おうとして、ユリの花粉を服につけたことはありませんか。ユリの花粉の洗濯は大変です。

スポンサードリンク
  

洗濯で花粉の落とし方は?

花粉が服についたら水洗いはだめです。水は厳禁です。花粉がついたすぐなら、掃除機で吸い取るようにしましょう。掃除機のブラシのついたノズルをはずして、直接、掃除機のホースから吸い取るようにします。掃除機のブラシをはずすのは、花粉の場合、服をこすってしまうと、余計に生地の奥に入りこんでしまうからです。

水洗いも結局は繊維の奥に花粉を送り込んでしまいます。たとえば、ユリの花粉がついた場合は、水洗いもこすることもNGです。掃除機で吸い込んでしまうのが手っ取り早いです。また、洋服の生地にもよりますが、ガムテープで取るのもひとつの方法です。もし濡らしてしまったら乾くまで待ちましょう。乾燥させてから掃除機で取るのがいいです。

もし、花粉が完全に服のなかに染み込んでいるのでしたら、無水エタノールを使って落とします。でも、繊維によっては生地を傷めることがあります。いらない同じような生地で確かめてから落とした方がいいです。落とし方は薬局などで購入した無水エタノールをいらない布にしみこませて、花粉のしみがついた生地の裏側にもいらない布をつけて、叩き落とすようにして取りましょう。横にこするとひどくなります。

洗濯で花粉のしみを落とすことは本当にむずかしいです。お気に入りの服ならクリーニング店に相談するのが一番いいです。

洗濯で花粉や黄砂を落とす

先ほどでは、ユリの花粉のような目に見える花粉を想定していましたが、花粉症の人が感じる花粉もあります。通常の花粉であれば洗濯して落とすことができます。同じように黄砂も洗濯機で洗濯すれば落とせます。

しかし、その後の洗濯物を干す場所が問題です。外に干したのであれば、花粉の多い時期や黄砂の多い時期には、花粉や黄砂が洗濯ものについてしまいます。できれば、そういう時期は外には干さないで、部屋干しすることをお勧めします。

スポンサードリンク

外に干した洗濯物は、部屋のなかに取り込むときに「はたいて」取り込むとだいぶ違うようです。「たたいて」しまうと、繊維の奥に入り込む恐れがあります。あくまでも乾いた洗濯物の表面をはらうようにしましょう。

乾燥機の使い方

外に干せないとなると乾燥機は便利なアイテムかもしれません。外に干した洗濯物をドラム式の乾燥機に入れて花粉や黄砂をはたくために使用する人もいます。

また、外に干せないのなら、乾燥機を使って乾かすこともできます。今では洗濯機と送風機がいっしょになっているものもあります。部屋干しにするにしても、ある程度、乾かしてから干すと乾き方も早いですし、生乾きの臭さもなくなります。

私の家では外に干せない場合は、風呂場に干しています。もちろん、換気扇は回しっぱなしです。換気扇を回しておけば、案外、短時間で乾いてくれます。

まとめ

花粉が服についたら水洗いはだめです。水は厳禁です。花粉がついたすぐなら、掃除機で吸い取るようにしましょう。掃除機のブラシのついたノズルをはずして、直接、掃除機のホースから吸い取るようにします。掃除機のブラシをはずすのは、花粉の場合、服をこすってしまうと、余計に生地の奥に入りこんでしまうからです。

洗濯で花粉のしみを落とすことは本当にむずかしいです。お気に入りの服ならクリーニング店に相談するのが一番いいです。

先ほどでは、ユリの花粉のような目に見える花粉を想定していましたが、花粉症の人が感じる花粉もあります。通常の花粉であれば洗濯して落とすことができます。同じように黄砂も洗濯機で洗濯すれば落とせます。

外に干せないとなると乾燥機は便利なアイテムかもしれません。外に干した洗濯物をドラム式の乾燥機に入れて花粉や黄砂をはたくために使用する人もいます。

私の家では外に干せない場合は、風呂場に干しています。もちろん、換気扇は回しっぱなしです。換気扇を回しておけば、案外、短時間で乾いてくれます。

スポンサードリンク

 - 花粉