お役立つ日記

役立ち情報満載!口コミや比較など多数。

花粉症でお風呂あがりに鼻水とくしゃみが止まらない。脱衣所に落ちている。

      2017/02/25

saya160105202992_tp_v

花粉症でお風呂あがりに鼻水とくしゃみが止まらないというのは、いろいろ原因が考えられますが、まずは、どこかに花粉があることが考えられます。

たとえば、換気扇には花粉が多く存在しているそうです。

また、脱衣所にもたくさんの花粉がひそんでいる可能性があります。

スポンサードリンク
  

お風呂あがりの脱衣場に花粉がいるためくしゃみがでる

どの家の風呂場にも脱衣所にも、湿気をとるために換気扇がついています。普通の家のつくりからして、風呂場や脱衣所の天井には換気扇があります。長時間、換気扇を回しているとすべての部屋に漂っている花粉を集めることができます。

換気扇が集めた花粉をそのまま、屋外に排出してくれればいいいですが、花粉は重いので、換気扇の下に落ちている可能性が高いです。その花粉が舞い上がれば、花粉症の人であれば、症状が出てしまいます。

また、脱衣所では服を脱ぎ着する場所です。服に付着している花粉が、服を脱いだり着たりすることによって、そこらへんにばらまかれている花粉は多いです。

また、タオルや着替えにも、外に干している間に花粉が付着している可能性があるわけです。

スポンサードリンク

体が温まるとヒスタミンが分泌されてしまう

お風呂に入ると体が温まり、肥満細胞からヒスタミンという物質が分泌されます。その刺激が神経を伝わって鼻水やくしゃみが出ます。ヒスタミンは、花粉症、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎の原因物質といわれています。

ちなみにヒスタミンはぬるめの湯では38度から40度では出にくくなるといわれています。ぬるめの湯に10分から20分で出てきて、お風呂あがりで鼻水やくしゃみが出にくくなるのであれば、それでいいと思います。

お風呂あがりに悪化するのは花粉症以外の可能性も

お風呂あがりに鼻水やくしゃみが悪化するのは、花粉症以外の可能性も考えられます。自分のアレルギーは花粉だけだと思ってたら、カビに反応してしまった場合もあります。

お風呂のカビに反応しているのなら、お風呂掃除を一生懸命しなければなりません。でも、それで、アレルギー症状が改善されるならうれしいことです。

花粉症やカビに反応して鼻水やくしゃみが止まらなくなるのもアレルギーのひとつですが、何が原因でアレルギー反応が起こるかは人によって違います。原因物質は多岐にわたります。

シャンプーや洗顔、洗剤、石鹸などお風呂で使用するもので、アレルギー反応を起こす人もいます。金属アレルギーもあります。

まとめ

花粉症でお風呂あがりに鼻水とくしゃみが止まらない場合は、どこかに花粉が隠れている可能性が高いです。換気扇や脱衣所、お風呂場の掃除からはじめて、着替えやタオル、バスタオルにいたるまで、気をつけなければいけません。

アレルギー反応に対しては、シャンプーや石鹸、リンスなどにも現れるものなので、ひとつひとつ使用を中止して、アレルギーの原因物質を特定していくしかありません。

花粉症などのアレルギー症状がひどい場合には、近くの医療機関にかかるようにしてください。

スポンサードリンク

 - 花粉症