お役立つ日記

役立ち情報満載!口コミや比較など多数。

バーベキューの炭の処理は?再利用、保管するには?種類は?

   

キャンプといえば、バーベキューですが、バーベキューの後の片付けが面倒くさいという人もいれば、バーベキューこそご馳走だという人もいます。大自然のなかの食事は何を食べてもおいしく感じるのはわたしでだけではないはずです。


スポンサードリンク
  

バーベキューの炭の処理は?

野外で食べるバーベキューはおいしいですよね。でも、忘れがちなのは燃え残った炭の処理です。炭は砂のなかに埋めておくと自然に帰ると勝手に勘違いしていませんか。私自身、以前はそう思っていました。ところがよくよく調べてみると炭は自然には帰りません。

結論から言うと、バーベキュー後の炭の処理はすべて持ち帰ることがエチケットです。自治体のなかには燃えるゴミとして捨てることもできるそうですが、それぞれの自治体で異なりますので、自分の市町村のゴミ捨ての情報を調べておかないといけません。

しっかりとしたキャンプ場では、灰捨て場や炭の捨て場所が設置してあるところもあります。事前にキャンプ場の事務所に聞いておくのがいいでしょう。

バーベキューの炭の再利用、保管するには

バーベキューの炭の再利用ですが、私の家では火消し壷を使っています。火消し壷はすごく便利です。バーベキューで残った炭をトングを使って、火消し壷に入れます。あとは蓋をして終わりです。

火消し壷を知らなかったときは、バケツに水を入れてそのなかに炭を入れて消していました。その炭は持ち帰って、燃えるゴミで捨てていました。ところが、火消し壷に入れておいた炭はそのまま保管することができます。しかも、次のキャンプやバーベキューの時に使うことができます。

スポンサードリンク

わが家ではバーベキューをする機会が多いので、火消し壷はすごく重宝しています。一度、火がついた炭は「消し炭」といって、新品のものより燃えやすいです。

バーベキューの炭の種類は

バーベキューの炭はホームセンターに売られています。大きく分けて黒炭と白炭があります。黒炭は安く着火から2時間程度の燃焼時間です。白炭は値段が高いですが、燃焼しにくく、着火から8時間も火力を保つことができます。

白炭といえば備長炭が有名ですが、私は基本的には備長炭を使い、火消し壷で保管して、再利用しています。

まとめ

野外で食べるバーベキューはおいしいですよね。でも、忘れがちなのは燃え残った炭の処理です。炭は砂のなかに埋めておくと自然に帰ると勝手に勘違いしていませんか。私自身、以前はそう思っていました。ところがよくよく調べてみると炭は自然には帰りません。

バーベキューの炭の再利用ですが、私の家では火消し壷を使っています。火消し壷はすごく便利です。バーベキューで残った炭をトングを使って、火消し壷に入れます。あとは蓋をして終わりです。

バーベキューの炭はホームセンターに売られています。大きく分けて黒炭と白炭があります。黒炭は安く着火から2時間程度の燃焼時間です。白炭は値段が高いですが、燃焼しにくく、着火から8時間も火力を保つことができます。

スポンサードリンク

 - 未分類