お役立つ日記

役立ち情報満載!口コミや比較など多数。

潮干狩りのおすすめの持ち物。コツは椅子?雨は?子供、幼児は?

   

潮干狩りは楽しいですよ。でも、子供や幼児を連れて行くの大変です。我が家の潮干狩りのおすすめの持ち物やコツを書いてみたいと思います。

スポンサードリンク
  

潮干狩りのおすすめの持ち物。コツは椅子?

春になると潮干狩りの季節です。潮干狩りは潮が引き潮になる干潮の時に砂浜から貝を取ります。満潮の時に波に乗って、貝が砂浜にやってきます。引き潮になると砂浜に貝が取り残されるので、取り残される貝を取るのが潮干狩りです。

春と秋になると遠くまで潮が引いてくれます。その間に貝を取るのですが、秋は干潮の時間が夜になってしまいます。全国的に見て4月から5月の干潮の前後1時間が狙い目です。

多くの人はゴールデンウィークに家族連れで潮干狩りに行く人が多いです。ですから、ゴールデンウイークの前に行く方がいいです。

どちらにせよ、潮干狩りできる場所が決まっていますから、そこの情報をキャッチするしかないでしょう。中には秤売りを採用しているところもあります。そういうところでは携帯の秤があれば便利です。

また、貝を探すのに熊手を使いますが、潮干狩りの場所によっては網付きの熊手を禁止しているところもあります。熊手を使わないで、素手で取る人もいますが、今は100均でビニール手袋が安く売られているので、素手て取る場合はビニール袋の上に軍手をはめて取る方がいいです。素手で潮干狩りをすると、結構、手を切ってしまいます。そういう時はバンドエイドは必需品になります。

貝を持って帰るのにバケツが必要ですが、私の場合椅子にもなるふた付きのバケツを使っています。事前に網付きの熊手が使えるかどうか確認してから、砂の盛り上がった場所にバケツを置き、ふた付きバケツに座ってバケツを中心に回りを探しまくります。

すでに掘られた後があるところははずします。その時のほかの人の数にもよりますが、誰も荒らしていないところの方がいる確率が高いです。網付きの熊手で取った貝をネットの中に入れていきます。ネットはあまり目の細かいものは砂が出ないので推奨しません。目の粗いものを使ってください。

服装は、その日の気温によりますが、だいだいTシャツにパーカーに半パンに長靴で行ってましたが、マリンシューズが動きやすいです。頭はパーカーの帽子をかぶって、その上から麦わら帽子をかぶっています。

ここまでを整理すると

・網付き熊手(禁止されているところは熊手)
・目の粗い網袋
・ビニール手袋の上に軍手。手が傷ついた場合に貼るバンドエイド
・ふた付きバケツ、座ることができるもの。バケツに座った方がはかどります。
・計量されるところの場合は軽量の手秤
・服装はパーカーに麦わら帽子、半パンにマリンシューズ
・貝を持って帰るためのクーラーボックスと保冷剤

スポンサードリンク

潮干狩りのおすすめの持ち物。雨の日は?

潮干狩りは晴れの日と雨の日では服装は、まったく違います。子供や幼児がいる場合はあきらめましょう。風邪などひかれると後が大変です。

大人だけの場合は、家族連れの人たちがいなくなりますので狙い目でもあります。でも寒さ対策だけはしっかりしてください。雨の日は雨具を着ての潮干狩りになりますが、私は釣り用のウェーダーを履きます。

今は下着などヒートテックがあるので厚着をしなくてもいいです。使い捨てカイロは便利です。晴れの日も雨の日も着替えは準備しておきましょう。

ウェーダーがなければ、雨具のズボンをはくようにしてください。タオルやバスタオルなど多めに準備しておけばいいでしょう。

潮干狩りのおすすめの持ち物。子供、幼児は?

小学生の高学年以上であれば大人と同じですが、小学校の低学年や幼児を連れて遊ばせる場合は汚れることを覚悟して、着替えをしっかり準備しておくことです。

どんな服装を着ても、びしょびしょになることは必須です。暑ければ最初から水着を着せてしまう選択肢もあります。砂遊びができるプラスチックのスコップやバケツがあれば飽きないと思います。プラスチックのそりは便利でした。その上に荷物を乗せて運ぶこともできますし、子供を運ぶこともできます。

まとめ

春になると潮干狩りの季節です。潮干狩りは潮が引き潮になる干潮の時に砂浜から貝を取ります。満潮の時に波に乗って、貝が砂浜にやってきます。引き潮になると砂浜に貝が取り残されるので、取り残される貝を取るのが潮干狩りです。

多くの人はゴールデンウィークに家族連れで潮干狩りに行く人が多いです。ですから、ゴールデンウイークの前に行く方がいいです。

貝を持って帰るのにバケツが必要ですが、私の場合椅子にもなるふた付きのバケツを使っています。事前に網付きの熊手が使えるかどうか確認してから、砂の盛り上がった場所にバケツを置き、ふた付きバケツに座ってバケツを中心に回りを探しまくります。

潮干狩りは晴れの日と雨の日では服装は、まったく違います。子供や幼児がいる場合はあきらめましょう。風邪などひかれると後が大変です。

大人だけの場合は、家族連れの人たちがいなくなりますので狙い目でもあります。でも寒さ対策だけはしっかりしてください。雨の日は雨具を着ての潮干狩りになりますが、私は釣り用のウェーダーを履きます。

どんな服装を着ても、びしょびしょになることは必須です。暑ければ最初から水着を着せてしまう選択肢もあります。砂遊びができるプラスチックのスコップやバケツがあれば飽きないと思います。プラスチックのそりは便利でした。その上に荷物を乗せて運ぶこともできますし、子供を運ぶこともできます。

スポンサードリンク

 - 未分類