お役立つ日記

役立ち情報満載!口コミや比較など多数。

乗り物酔い対策の飲み物、食べ物、運動。吐き気を感じたらどうする?

   

乗り物に全く酔わない人もいれば、少しの旅行でも酔ってしまう人もいます。でも、できれば、家族や友達と行く旅行は楽しみたいものです。少しでも参考になればと思い書いてみました。

スポンサードリンク
  

乗り物酔い対策の飲み物、食べ物

乗り物酔い対策の食べ物や飲み物を書いてみょうと思いますが、その前に、お腹いっぱいでも、空腹でも乗り物酔いになりやすいです。ですから乗り物に酔いやすい人は食後にすぐ乗り物に乗るのは止めましょう。乗り物に酔わない人はこの限りではありません。駅弁を食べながら電車の旅も悪くありませんものね。

乗り物に酔いやすい人は満腹では酔いやすいです。でも、まったくの空腹でも酔いやすいものです。また、乗り物に乗っているときに食事をとるのも大変です。そういう時は定番ですが、飴ちゃんやキャンディ、チョコレートやガムをちょっと口のなかに入れるのもいいです。チョコレートは食べすぎると気持ち悪くなるので一口ぐらいで十分です。

ガムは噛むことでの覚醒効果もありますので、居眠運転対策にもなります。ガムはいろいろな味のものがありますのでお好みでいいと思いますけど、ミント系はスッキリしていいでしょう。

乗り物酔いに良い飲み物は、ガムと同じようにペパーミントティーやショウガの入ったジンジャーティーがいいです。ショウガには吐き気を抑える効果があります。

乗り物酔いは満腹、空腹以外にも、体調が悪いと酔ってしまうことがあります。睡眠不足や疲労でも気持ちが悪くなってしまうことがあります。三半規管の影響もあると思いますが、体調はしっかりと整えておくことも必要です。

服装も厚着にしたり、首を締め付けるような服では気持ち悪くなることもあります。乗り物に長時間乗る場合はゆったりとした服装にするのもいいかもしれません。

乗り物酔い対策の運動

乗り物酔い対策の運動ですが、乗り物酔いは三半規管が弱いせいでもあります。三半規管は揺れによるからだの動きを感知する器官ですが、子供のうちは体が成長してなくて乗り物酔いしてしまいます。

乗り物をたくさん乗ることで、揺れやスピードに慣れてきます。でも、乗り物に乗るたびに酔っていては大変です。公園のブランコやすべり台、トランポリン、マット運動は平衡感覚を養うことで、三半規管を鍛えることができます。後ろ歩きや目をつぶって歩くこともいい訓練になります。

スポンサードリンク

乗り物に座る位置でも、酔いやすい場所と酔いにくい場所があります。車なら助手席が進行方向の前の景色が見えるので酔いにくいです。電車でも、バスでも進行方向に座った方がいいです。バスなら前の方が揺れにくいです。後ろの席は揺れやすいですし、車輪の上では振動が大きいです。また、窓を少し開けて、風を感じながら走ると少しは落ち着きます。

乗り物酔い対策、吐き気を感じたらどうする?

それでも吐き気を感じたら、すぐに乗り物が降りるがベストです。降りることができなければ、楽な姿勢になったり、衣服を緩めたり、なるべくリラックスするように心がけましょう。

お茶を飲んだり、遠くの景色を見るようにしたり、あとは揺れないように頭を固定するようにしましょう。リクライニング式の座席なら倒しましょう。

吐き止めの袋を用意することも安心につながります。

まとめ

乗り物に酔いやすい人は満腹では酔いやすいです。でも、まったくの空腹でも酔いやすいものです。また、乗り物に乗っているときに食事をとるのも大変です。そういう時は定番ですが、飴ちゃんやキャンディ、チョコレートやガムをちょっと口のなかに入れるのもいいです。チョコレートは食べすぎると気持ち悪くなるので一口ぐらいで十分です。

乗り物酔いに良い飲み物は、ガムと同じようにペパーミントティーやショウガの入ったジンジャーティーがいいです。ショウガには吐き気を抑える効果があります。

乗り物に座る位置でも、酔いやすい場所と酔いにくい場所があります。車なら助手席が進行方向の前の景色が見えるので酔いにくいです。電車でも、バスでも進行方向に座った方がいいです。バスなら前の方が揺れにくいです。後ろの席は揺れやすいですし、車輪の上では振動が大きいです。また、窓を少し開けて、風を感じながら走ると少しは落ち着きます。

お茶を飲んだり、遠くの景色を見るようにしたり、あとは揺れないように頭を固定するようにしましょう。リクライニング式の座席なら倒しましょう。吐き止めの袋を用意することも安心につながります。

スポンサードリンク

 - 未分類