お役立つ日記

役立ち情報満載!口コミや比較など多数。

静岡市の東海道丸子宿のとろろ汁を食べた。

   

丸子宿は鎌倉時代からの東海道の宿駅で、東海道のなかでも最も小さな宿場でした。日本橋から20番目の宿場です。本陣1軒、脇本陣2軒、旅籠屋24軒、宿内家数は211軒、人口は795人の小さな宿場でした。

スポンサードリンク
 

とろろ汁

丸子宿の名物に「とろろ汁」がありますが、日本一の俳諧師である松尾芭蕉は、「梅わかな、丸子の宿のとろろ汁」と詠んでいます。

歌川広重が「東海道五十三次」に描いた丁子屋は有名ですが、以前、丁子屋で食べたことがあったので、今回は若松さんでランチを食べてきました。

若松さんでは、人気メニューのとろろめしが1000円で食べられます。とろろめしは、麦ご飯ととろろ汁に香の物がついてます。
 

スポンサードリンク

奥さんの方はとろろめしに小鉢とデザートがついたとろろ定食1500円を食べました。

私は天ぷらが好きなので、天ぷら定食(1500円)を注文しました。天ぷら定食にはとろろ汁がついていませんが、奥さんのとろろ汁をいただきました。

スポンサードリンク

 - グルメ