お役立つ日記

役立ち情報満載!口コミや比較など多数。

花粉症には市販の人工涙液を使いましょう。つらい症状に点眼薬が効く

      2017/02/25

saya160105202992_tp_v

花粉症に苦しんでいる人は多いです。

目を洗う時に洗眼液を使っている人が多いですが、

目の花粉をとるのには市販の人工涙液を使いましょう。

スポンサードリンク
  

花粉症には人工涙液を使いましょう。

花粉症には人工涙液を使いましょう。人工涙液とは涙に近い成分になるように作られた点眼薬のことです。

花粉症で大切なことは目から花粉を流し落とすことです。しかし洗眼液では目に必要な成分まで落としてしまいます。人工涙液なら涙の成分に近いので、目に必要な成分まで落とすことはありません。

また、目に必要な成分を落とさないので、1日に何回も目を洗うことができます。防腐剤にアレルギーがある人もいますので、防腐剤の入っていない人工涙液を使うのがベストだと思います。

つらい症状に点眼薬が効く

点眼薬を選ぶ基準は、アレルギー対策のものが多く、次に医師に薦められたものです。点眼薬をつける回数は、3人に一人は1日6回以上、点眼薬をさしています。

スポンサードリンク

また、点眼薬だけではなく、洗眼液を利用する人も多いです。洗眼液は朝出かける前と帰ってから洗う人が多いです。また、会社の業務時間や会社の休憩時間中に洗う人が多いです。

洗眼液を使用するときは注意が必要です。洗眼液で目を洗う前に、目の周りを先にしっかり洗わなければいけません。目の周りについている花粉が目に入ってしまう可能性があるからです。

一番つらい花粉症の症状

一番つらい花粉症の症状はダントツで「目のかゆみ」が多いです。目がかゆいと当然、仕事にも支障をきたします。

「目のかゆみ」に対する対策としては、市販の点眼薬が一番、多いです。その次に医者から処方された点眼薬、マスク、飲み薬、空気清浄器です。

一番つらい花粉症の症状は「目のかゆみ」なのに、花粉症対策用のメガネやゴーグルをする人は少ないです。やはり見た目を気にするのでしょうか。でも、マスクをしている人は多いです。

花粉症対策用のかっこいいメガネがあれば、一気に売れると思います。また、有名人が花粉症対策用のメガネをかければ、流行り出すかもしれません。

まとめ

花粉症には市販の人工涙液を使いましょう。それも防腐剤の入っていないものがいいです。

また、目を洗う前に、まず、目の周りをしっかりと洗ってから、目を洗うようにしましょう。そうでないと目の周りについた花粉が目に入ってしまうかもしれません。

スポンサードリンク

 - 花粉症