お役立つ日記

役立ち情報満載!口コミや比較など多数。

花粉症で鼻の奥がかゆい時のおすすめの方法。ヒリヒリして痛いときは

      2017/02/25

鼻の中がかゆいからと掻いてしまうと悪化する場合もあります。

原因をつきとめ、必要な対処をしていきましょう。

スポンサードリンク
  

花粉症で鼻の奥がかゆい時

花粉症で鼻の奥がかゆい時は、かゆいからといって、強くかきむしらないようにしてください。鼻の奥をかきむしると余計にかゆくなってしまいます。それどころか、かきむしると炎症を起こすかもしれません。

なるべく鼻に手を触れるのを我慢するようにしましょう。それでもかゆみを抑えることができなければ、鼻うがいがいいです。

鼻の奥にかゆみがある状態では、まだ炎症が軽度の場合が多いです。これ以上、炎症を悪化させないために鼻うがいが効果的です。

鼻うがいは手の届かない鼻の奥まで、炎症しているところを傷つけずに、ばい菌や細菌を洗い流すことができます。

鼻うがいは鼻から水を入れて、鼻や口から水を出します。鼻から入れる水は生理食塩水がいいです。鼻うがいをするときは、反対の鼻の穴を指で押さえます。

真水だと苦しいですが、生理食塩水だとスムーズに鼻のなかに入っていきます。生理食塩水は水1リットルに食塩を9gを溶かします。

スポンサードリンク

花粉症で鼻の奥がかゆい時のおすすめの方法

花粉症で鼻の奥がかゆい時のおすすめの方法としては鼻うがいはしてほしいですが、部屋の湿度も高めてほしいものです。

鼻の奥のかゆみは鼻のなかの粘膜の機能低下が原因となっていることが多いです。鼻のなかの粘膜の機能を回復させるためには保湿することが大切です。

部屋に加湿器を置くのもいいです。加湿器は鼻の粘膜の保湿にいいです。また、お風呂に入るのもいいです。入浴時は湯舟にゆっくり浸かるようにしましょう。鼻の粘膜に蒸気がたくさん当たってくれます。

花粉症で鼻の奥がかゆい時は医者の受診をおすすめします。

花粉症で鼻の奥がかゆい時は医者の受診をおすすめします。鼻の奥はデリケートな部分です。いつまでも鼻の奥がかゆいと、気になって仕事や勉強に支障をきたすかもしれません。

耳鼻科を受診することで、鼻の奥のかゆみの原因がわかります。かゆみを予防することもできます。

耳鼻科に行くと、アレルギー性鼻炎の原因物質を調べてくれます。抗アレルギー薬や副腎皮質ホルモン薬などの処方もしてくれます。

まとめ

花粉症で鼻の奥がかゆい時のおすすめの方法は鼻うがいです。水1リットルに対して9gの食塩水(生理食塩水)で、鼻の奥を洗ってください。鼻うがいのやり方は片方の鼻の穴を押さえながら、もう片方の鼻の穴から生理食塩水を吸い込みます。

部屋のなかに加湿器を置いたり、お風呂にゆっくり浸かることで、鼻の奥に潤いを与えることができます。鼻の奥が潤ってくると、少しはかゆみも軽減されるでしょう。

鼻の奥のかゆみがひどいときは医者の受診をしてください。原因を知って、それに合った対処法で治療するようにしましょう。

スポンサードリンク

 - 花粉症