お役立つ日記

役立ち情報満載!口コミや比較など多数。

初心者が自宅でクリスマスイルミネーションを飾る方法

      2017/02/25

クリスマスイルミネーションがきれいに輝く季節になりました。

クリスマスから年の瀬、お正月とあわただしく時が過ぎ去っていきます。

12月は師走と言われていますが、12月になれば、クリスマスに忘年会、年末年始と時の流れが速く感じるのは私だけでしょうか。

でも、この時の流れ感はすごく好きです。

毎日がイベントのような気もします。

また、今年一年が終わって、よくこの年を頑張って生きてきたなという自分への感謝と、来年の幸福を夢見ながら、一年の決意をする時だと思っています。

そういう意味でも、屋内や屋外にイルミネーションを飾り付けることはすごく私の楽しみでもあります。

スポンサードリンク
  

自宅クリスマスイルミネーションの電飾

自宅の窓や庭、ベランダに、クリスマスイルミネーションを電飾する家庭が増えてきたと思います。また、クリスマスイルミネーションを飾りたいけど、電気代とか飾りつけがめんどくさいと感じて気後れしている人も多そうです。

でも、本当はそんなに大変ではありません。っていうか、自分の予算や力量に合わせて、楽しむことができるのが、クリスマスイルミネーションの良さだと思います。

めんどくさい人はクリスマスツリーセットを買ってきて、リビングに飾るだけでもクリスマスの雰囲気を楽しむことができます。

季節を感じることは、実は健康にとてもいいことです。とかくストレスで、体が参ってしまいがちな私たちですが、ちょっとした楽しみや感動、小さな喜びによって、生きる気力が湧いてきます。また、ちょっとした感動が、気持ちを若返らせてくれます。気持ちが若返ると、肉体的にも若返るそうです。

クリスマスイルミネーション(初心者編)

クリスマスイルミネーションをはじめて挑戦する方や初心者の方は、最初からセットで販売されているものを購入することをお勧めします。

スポンサードリンク

あれこれ選びながら買うのも楽しいですが、初心者の場合は何を買っていいのかさっぱりわかりません。多くの人がネット上の情報を公開しているので、いろんな人の飾り方を参考にするのも面白いですが、お店にいけば「イルミネーションセット」として、すべてそろっているものがあります。

たいていの場合は室内用のものと屋外用のものと分かれていますので、それぞれの用途に合わせて購入することになります。

屋外用のものは防水加工されているものがほとんどなので、そのまま、屋外に置くことができますが、電源だけ気にする必要があります。屋外に屋外用のコンセントがある家の場合はいいですが、屋外やベランダにコンセントがない場合は、室内から電源を引っ張ってこないといけません。

今はソーラー式のイルミネーションがありますから、室内から電源を引っ張ってくるよりは、ソーラー式の方が電気代がかかりません。「LEDソーラーイルミネーション」はすごく便利なイルミネーションです。

クリスマスイルミネーショングッズ

ライトには室内用と屋外用があります。屋外用のイルミネーションの場合は防水タイプで、雨対策がされています。電球の種類は、赤電飾、青電飾、白電飾があります。青電飾のLED電球が人気があります。

ひとつのコードに電球が40球や60球、100球、200球と電球がついています。電球が多ければ多いほど電気を消費しますが、LED電球の場合、すごく節電されています。電気代を気にするよりは自分の好みで選んだ方がいいかもしれません。

電源コードは室内用と室外用があり、室外用は防水が施されています。どちらでも使えるように室外用の防水コードを購入しましょう。延長コードも防水コードにしましょう。

まとめ

今は自宅でクリスマスイルミネーションを楽しむ人が増えてきています。初心者さん用のクリスマスイルミネーションセットもいろんな種類のものがたくさん販売されています。

今まで電源の確保や雨対策、防水対策が大変でしたが、ソーラー式のイルミネーションも出てきて、庭先に置いておくだけで、クリスマスイルミネーションを楽しむことができるようになりました。

LEDライトもいろんな種類のものが出てきて、節電できて、きれいなLEDライトが多いです。健康のためにも、クリスマスを前向きに楽しんでみませんか。

スポンサードリンク

 - クリスマス プレゼント