お役立つ日記

役立ち情報満載!口コミや比較など多数。

花粉症で目元の肌荒れを防ぐ。顔が腫れるのを楽にする方法

      2017/02/25

花粉症で目元が肌荒れになったら大変です。

荒れたお肌に花粉がくっつきやすくなります。

お肌に花粉がついた状態だと、アレルギー反応を起こして、もっと肌荒れがひどくなります。

スポンサードリンク
  

花粉症の目元の肌荒れ

花粉症になると目元が肌荒れになってしまいます。花粉症は目元や鼻の粘膜についた花粉に反応してアレルギー反応を起こします。

花粉がお肌につくとその部分にアレルギー反応が起こります。かゆみがでたり、赤くなったり、カサカサした肌荒れが起こります。

目元がかゆくなると思わず、手でこすってしまいます。肌を手でこすることで肌荒れしてしまいます。

また、顔についた花粉を気にして、いつもよりしっかりと洗顔してしまうので、お肌を痛めてしまうことになります。

お肌が弱くなると、お肌のバリア機能が弱くなり、お肌の水分を保つ保湿ができなくなってしまいます。いわゆる乾燥肌になってしまいます。花粉症で乾燥肌になることを花粉症乾燥肌といいます。

乾燥肌になるとお肌のバリア機能が低下しているので、さらにアレルギー反応が強く出てしまいます。乾燥肌だけではなく、粉をふいたり、にきびができてしまいます。

花粉症で目元が肌荒れになったら

花粉症で目元が肌荒れになったら油分の少ないファンデーションを使うようにしましょう。油分の多いファンデーションだと花粉がつきやすくなります。

スポンサードリンク

外から帰ってきたら、すぐにメイクを落とすようにしましょう。お肌に花粉がついたままでは、アレルギー反応が続いたままになります。

髪の毛の花粉にも注意が必要です。髪はもろに花粉をかぶりますので、花粉が残りやすい場所です。できればメイクを落として、そのあと髪の花粉をシャワーで落としましょう。髪が静電気を帯びると花粉がつきやすくなりますので、この時期、トリートメントは必要です。

洗顔はいつもよりも優しくおこなうようにしましょう。石けんはしっかり泡立ててください。使うお湯は30度くらいのぬるま湯がいいでしょう。

洗顔をするときは、顔を刺激しないようにしてください。力を入れず泡を動かすイメージで洗いましょう。洗顔時間は短くして、すすぎを丁寧におこないましょう。

花粉症で目元の肌荒れを防ぐ

花粉症の季節に起こる肌荒れを起こさないためには、保湿することはなによりも優先しましょう。肌荒れをそのままにしておくと、にきびなどの肌トラブルを起こします。

しかし、外出のときは、蒸発する水分を守ろうとクリームや乳液などの油分の多い化粧品を使うと、かえって花粉が引っ付きやすくなります。

外から帰ってきて花粉をしっかり落とした後に、お肌を回復させるために、クリームや乳液を使うようにしましょう。

まとめ

花粉症で目元が肌荒れになったら、まずは花粉をしっかり落とすこと、そして、クリームや乳液でしっかり保湿することです。

でも、保湿が大切だからといって、外出する前にクリームや乳液を使うと、外で花粉を肌にたくさんくっつけてしまいます。

家にいるときは肌の保湿をしっかりするようにして、外出するときは花粉を浴びないように気をつけましょう。

スポンサードリンク

 - 花粉症