お役立つ日記

役立ち情報満載!口コミや比較など多数。

花粉症の鼻の中のできものを治す方法。鼻水などの鼻の症状をよくする

      2017/02/25

花粉症で鼻の中にできものができたらどうしますか。

痛くないですか。

早くできものを治したいものです。

鼻のなかは敏感です。

スポンサードリンク
  

花粉症の鼻の中のできものを治す方法

どうして花粉症で鼻のなかにできものができてしまうのか。それは花粉症で鼻水が出て、鼻水を頻繁にかむからです。鼻を何度もかむと鼻の粘膜が傷ついて、その傷口からばい菌が入り炎症を起こすからです。炎症がひどくなってできものができてしまいます。

それではどうしたら、できものができるのを防ぐことができるかというと、鼻をかまないようにすることです。鼻をかむのではなく、鼻の穴から流れてくる鼻水を拭うのがいいです。それもティッシュペーパーよりは、やわらかいタオルのようなもので拭うようにしてください。

ステロイドの入った点鼻薬を使って、それが体に合わずにできものができる場合があります。こうした場合は点鼻薬を中止して耳鼻咽喉科に受診してください。

鼻のなかにできものができたら、とりあえず耳鼻咽喉科に行くのが賢明です。鼻のなかは蓄膿症になったり、悪性腫瘍(がん)ができる場合もあります。何もなかったとしても、腫れを治すための点鼻薬を処方してくれます。

花粉症で鼻のなかにできものができないようにする

花粉症で鼻のなかにできものができないようにするには、鼻をかまないことです。そのためにも鼻水を止める鼻炎薬を飲むようにしましょう。

また、医者にかかって花粉症をやわらげることのできるお薬を処方してもらいましょう。点鼻薬は鼻水を止める効果が高いですが、できものを誘発するステロイドは入っています。医者の処方された点鼻薬の方が効果は高いです。

スポンサードリンク

鼻のかみ方も注意する必要があります。鼻をやさしく、ゆっくりとかむようにしましょう。片方ずつ、たくさん空気を吸って、ゆっくりと息を出しながらかみましょう。

鼻うがいは中耳炎になる可能性があると言われていますが、ゆっくりと行えば問題ないと思います。実際、耳鼻咽喉科でもむかし使っていた方法です。コップに200mlの水を入れて、ひとつまみの食塩を加えて、生理食塩水(0.9%の食塩水)を作って、片方の鼻の穴を塞いで、片方の鼻の穴から吸い込んでみましょう。

このとき勢いよく吸い込むと耳の方に流れてしまうので、ゆっくりと吸い込むようにしてください。鼻の奥がすっきりします。

鼻水などの鼻の症状をよくする方法

鼻水などの鼻の症状をよくするためにうなじを温めるのもいいです。うなじを温めると鼻づまりや鼻水などのアレルギー症状がよくなることがあります。

それは首筋には鼻をよくするためのツボや神経が集まっているからです。特に耳のうしろから首を通って鎖骨まで流れる首筋を、さすったり温めることで、すごく体が楽になります。

鼻水が止まらなくなったときは首のうしろのうなじを温めてみましょう。手をこすって当ててみたり、使い捨てカイロを当ててみたり、マフラーを首にまいてみてもいいです。

まとめ

花粉症で鼻のなかにできものができたら、鼻をかまないようにしましょう。どうしても痛くて我慢できない場合は耳鼻咽喉科に行きましょう。

鼻のなかにできものを作らないためにも、鼻のかみ方を注意して、やさしく、ゆっくりかむようにしましょう。鼻うがいや点鼻薬もいいですが、鼻のなかにできものや違和感を感じたのなら耳鼻咽喉科に行くことが一番いいです。

鼻水や鼻づまりなどの鼻のアレルギー症状がひどい場合には首筋を温めるのもひとつの方法です。首筋をマッサージしたり、こすって温かくなった手のひらを首筋に当ててみましょう。首筋を温めるのに使い捨てカイロでもいいですし、マフラーを首に巻くのもいいです。

スポンサードリンク

 - 花粉症