お役立つ日記

役立ち情報満載!口コミや比較など多数。

花粉症が原因で乾燥肌や肌荒れになる?乾燥肌対策は?肌荒れ予防法

      2017/02/25

花粉症が原因で乾燥肌や肌荒れになる場合があります。

アレルギー反応は鼻のなかだけではありません。

お肌のうえでもアレルギー反応を起こしています。

スポンサードリンク
  

花粉症が原因で乾燥肌になる?

花粉症が原因で乾燥肌になると思いますか。花粉症というのは目や鼻の粘膜についた花粉(抗原)を体のなかの(抗体)が、体のなかに入れないためにアレルギー反応(涙や鼻水、くしゃみ)を起こして、外に追い出そうとします。

体のなかに、その花粉の抗体があれば、肌の上にある花粉を追い出そうと、アレルギー反応が起こります。かゆみが出たり、赤く腫れたり、かさかさになったりします。肌荒れもひとつのアレルギー反応だと考えられています。

花粉症のアレルギー反応で乾燥肌になる場合と、アレルギー反応によって目がかゆくなり、手で目元をこすって目元の肌が弱くなったり、鼻水が出て、鼻を何回もかむことによって、肌を弱くなり、お肌がダメージを受けて肌荒れになり、その結果、乾燥肌になってしまうこともあります。

お肌が弱くなるとお肌のバリア機能が低下します。バリア機能が低下するとお肌に水分を保持(保湿)することができなくなり、肌荒れになったり乾燥肌になります。

お肌が弱くなると、さらにアレルギー反応が強く出てしまう場合があります。肌荒れから粉をふいたり、にきびができてしまう場合もあります。

花粉症が原因の乾燥肌対策

花粉症が原因で、肌荒れしたり、乾燥肌になってしまうこともありますので、しっかりとした乾燥肌対策が必要です。

まず、顔を守るファンデーションですが、肌への負担が少ないパウダーファンデーションか保湿ができて花粉が顔につきにくいシンプルなミネラルファンデ―ションがいいです。

また、セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、ナイアシンアミドなど保湿成分のしっかり入っている美容液ファンデ―ションもいいです。お肌を乾燥させないようにしてあげてください。

スポンサードリンク

リキッドタイプやクリームタイプのファンデーションは、界面活性剤や防腐剤などの添加物がたくさん含まれていますので、炎症を起こしているお肌には合いません。

肌荒れを起こしているところは、複数の化粧品をつけすぎない方がいいです。むしろ、化粧品は止めて、ワセリンを薄く塗るのもいいです。

花粉症が原因の肌荒れ予防法

花粉症が原因で肌荒れになっている場合は、とにかく花粉が肌につかないようにすることが大切です。そのためにはマスクは必需品ですが、マスクをすると肌の調子が悪くなる人もいます。

マスクをつけて肌の調子が悪くなるのでしたら、マスクをしない方がいいですが、マスクをしないと、くしゃみがひどくなる人もいます。

今はマスクといっても、いろいろなマスクが販売されており、マスクが肌トラブルを起こすのでしたら、立体感のあるマスクを使えば、少しはマスクとお肌の接触する部分が少なくてすみます。

マスクと肌の摩擦により肌荒れになってしまうのなら、その部分に保湿専用のクリームを塗っておけば、摩擦による肌荒れを減らすことができるかもしれません。

花粉症で鼻のかみすぎによる肌荒れも多いです。ティッシュで鼻をかむのではなく、鼻から垂れた鼻水をぬぐう程度にしましょう。

今はティッシュでもやわらかくしっとりしたティッシュが販売されています。なるべくやわらかいティッシュペーパーを選ぶようにしましょう。

まとめ

花粉症が原因で、肌荒れしたり、乾燥肌になってしまうこともありますので、しっかりとした乾燥肌対策が必要です。

肌への負担が少ないパウダーファンデーションかシンプルなミネラルファンデ―ションがいいです。

また、セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、ナイアシンアミドなど保湿成分のしっかり入っている美容液ファンデ―ションもいいです。

肌荒れを起こしているところは、複数の化粧品をつけすぎない方がいいです。むしろ、化粧品は止めて、ワセリンを薄く塗るのもいいです。

マスクが肌トラブルを起こすのでしたら、立体感のあるマスクを使えば、少しはマスクとお肌の接触する部分が少なくてすみます。

花粉症で鼻のかみすぎによる肌荒れも多いです。ティッシュで鼻をかむのではなく、鼻から垂れた鼻水をぬぐう程度にしましょう。

今はティッシュでもやわらかくしっとりしたティッシュが販売されています。なるべくやわらかいティッシュペーパーを選ぶようにしましょう。

スポンサードリンク

 - 花粉症