お役立つ日記

役立ち情報満載!口コミや比較など多数。

クリスマスプレゼントを渡す日と渡し方、渡すタイミング

      2017/02/25

子どもにとって、クリスマスといえば、クリスマスプレゼントをもらう日というイメージが大きいのではないでしょうか。

それだから、クリスマスはとてもうれしい日、楽しい日というイメージが大きいです。

クリスマスというのはキリストの誕生日のことで、おもにキリスト教の信者さんが祝う日でしたが、日本の場合は、キリスト教信者でなくても、仏教徒でもクリスマスをお祝いします。

それだけ、国民のイベントとして定着しています。

スポンサードリンク
  

クリスマスプレゼントの渡し方

子どものなかには、クリスマスプレゼントはサンタさんがくれるものだと思っている子どももいます。保育園の園児は、クリスマスプレゼントはサンタがくれるものだと思い込んでいる子どもが多いです。

保育園の園児で、クリスマスプレゼントはサンタクロースがくれるものだと思っている子どもの場合は、クリスマスイブの夜中に、子どもの枕元かクリスマスプレゼントを入れるために作った靴下のなかにいれて、朝、子どもが目を覚めたときに、プレゼントが目の前にあるっていうのがいいです。

親が子どもといっしょにデパートに行って、クリスマスプレゼントを買ってあげて、手渡しで渡すというのは無しです。それは、子どもにクリスマスプレゼントは本当は親が買っていたとばれてからでも遅くないのでは。

たいていは、小学校あたりで、学校でサンタクロースがプレゼントをくれると思っている子どもは、まわりの子どもに馬鹿にされます。

スポンサードリンク

本当は小学校の先生がサンタクロースは実在することを教えてくれればいいのですが、逆に子どもの方から馬鹿にされます。夢のない時代になりました。

クリスマスプレゼントを渡す日

クリスマスプレゼントと渡す日はクリスマスの日が一番いいです。クリスマスプレゼントは子どもにとって最高のイベントです。それは一年間で、自分の好きなものを買ってくれる時だからです。

たいていの子どもは、自分の誕生日とクリスマスには、自分の好きなものを買ってもらえると認識しているのではないでしょうか。

だから、クリスマスプレゼントを渡す日はクリスマス当日、25日が一番いいのです。25日を待ちに待っていると思います。

逆に、25日にクリスマスプレゼントを渡さないとがっかりします。何ももらえないと悲しくなってしまいます。

それぞれの家庭でクリスマスプレゼントのルールは違うとは思いますが、せっかくのクリスマスなので、できれば、楽しく、うれしいクリスマスの日になれるといいですね。

クリスマスプレゼントを渡すタイミング

日本ではクリスマスの日は祝日ではありません。でも、たいていの小学校では、冬休みになっているのではないでしょう。クリスマスプレゼントを渡すタイミングとしては、クリスマスケーキをカットした後がいいでしょう。

私の小さいときは夕食を食べて、そのあと頃合いを見て、クリスマスの歌をうたい、クリスマスケーキをカットして、その後にプレゼントを渡していました。

今はクリスマスの前にデパートに行って、その場でプレゼントする親が多いですが、クリスマスパーティを開催して、そのクリスマスパーティのなかで、クリスマスプレゼントを渡す方が子どもにとって思い出になると思います。

まとめ

せっかくのクリスマスですので、きちんとクリスマスパーティを開く方がいいです。そのなかで、子どもの好きなクリスマスプレゼントを渡した方が、楽しい思い出としてのクリスマスを体験することができます。

スポンサードリンク

 - クリスマス プレゼント