お役立つ日記

役立ち情報満載!口コミや比較など多数。

30代の女性のお腹の脂肪の落とし方。食事だけのダイエットが失敗する理由

      2017/02/25

30代の女性のお腹の脂肪の落とし方はどうしたらいいのでしょうか。

30代の女性のお腹の脂肪の落とし方は太り方によっても異なりますが、基本的には運動と食事に注意して、自分の基礎代謝をあげていくのがいいです。

スポンサードリンク
  

30代の女性のお腹の脂肪の落とし方

30代になると筋肉が落ちます。基礎代謝をあげるためには筋肉を鍛えないといけません。基礎代謝は運動しなくても、その筋肉を持続するために必要なエネルギーです。筋肉があると運動しなくてもエネルギーを消費してくれます。

ところが30代になって筋肉が落ちてくると、その筋肉に使うエネルギーの消費量が減ってしまうために、20代と同じ量を食べても太ってしまうわけです。

30代の女性がお腹の脂肪を落とすには運動が一番です。もちろん、運動以上に食べてしまうと脂肪はつきます。30代になって暴飲暴食はだめです。やはり腹八分目がいいです。

30代になると20代のときと比べて運動量が少なくなったと思いませんか。会社勤めの人なら、動く仕事は若い人がやって、30代になるとデスクワークが多くなるかもしれません。また、30代になるとストレスが多くなってきて、食事量が増えてきているかもしれません。それから人間は年をとるにつれて基礎代謝量が減ってくるのです。

食事だけのダイエットが失敗する理由

ダイエットというと、食事を制限すればいいと思っている人が多いですが、食事を制限すると脂肪も減ってきますが、筋肉も痩せてきます。筋肉が痩せてしまうと基礎代謝量が減ってくるので、ダイエットをやめたときに、筋肉がついていた時と比べて、余計に脂肪がつきやすい体になってしまいます。

スポンサードリンク

ダイエットで筋肉を痩せてしまうのはよくありません。最低、筋肉量はキープしたままで、食事量を制限しなければいけません。だから、ダイエットは食事と運動は、両方とも必要不可欠なものです。

運動しながら食事制限をするのが一番いいのです。30代の女性のお腹の脂肪の落とし方も、運動をしながら食事制限をするのがいいです。

むしろ運動をしっかりしていれば、食事制限をしなくてもいいです。運動をすることは苦しいので、運動不足のために太っている人が多いです。

有酸素運動を勧める理由

お腹の脂肪を落とすには腹筋でお腹の筋肉を直接、鍛えるのもいいですが、それよりも、まずウォーキングや水泳などの有酸素運動をして基礎代謝を上げる方がいいです。

運動には大きく分けて有酸素運動と無酸素運動があります。有酸素運動は酸素を普段よりも多く取り込みながら、楽しみながらできる運動です。

有酸素運動をしたうえで、腹筋を鍛える方がいいです。腹筋はトレーニングとしては、苦しい方のトレーニングです。苦しい腹筋よりも気楽な散歩の方がいいです。

基礎代謝を上げるためには有酸素運動よりも、筋肉がつく無酸素運動の方が効果があります。お腹の脂肪を落とすなら、最終的には腹筋トレーニングですが、マッチョになる必要がないのなら、ウォーキングや水泳のような有酸素運動の方がいいです。

有酸素運動の方が毎日継続できます。無酸素運動は筋肉を鍛えて基礎代謝を上げることができますが、気をつけないと健康を害する危険があります。

まとめ

30代の女性のお腹の脂肪の落とし方は、基本的には運動と食事に注意して、自分の基礎代謝を上げていくのがいいです。

30代になって筋肉が落ちてくると、その筋肉に使うエネルギーの消費量が減ってしまうために20代と同じ量を食べても太ってしまうわけです。

30代の女性がお腹の脂肪を落とすには運動が一番です。運動をしながら食事制限をするのがいいです。

基礎代謝を上げるためには有酸素運動よりも、筋肉がつく無酸素運動の方が効果がありますが、マッチョになる必要がないのなら、ウォーキングや水泳のような有酸素運動がいいです。

有酸素運動の方が毎日継続できます。無酸素運動は筋肉を鍛えて基礎代謝を上げることができますが、気をつけないと健康を害する危険があります。

スポンサードリンク

 - お腹の脂肪