お役立つ日記

役立ち情報満載!口コミや比較など多数。

50代の女性のお腹の脂肪の落とし方はストレッチですぐ落とす

      2017/02/25

女性は50代になるとだんだんお腹が出てきてしまいます。

同じ食事量で同じ食事をしていて、どうして太ってしまうのでしょうか。

スポンサードリンク
  

50代のぽっこりお腹の原因

女性は50代になるとお腹に脂肪がつきやすくなります。50代になると閉経して、子供を作るためのホルモンがいらなくなるからです。子供を作らなくてもいいので、女性ホルモンであるエストロゲンが減ってしまうのはしかたないことです。

でも、このエストロゲンがコレステロールを制御していたのです。女性の体は赤ちゃんのために、余計な皮下脂肪がつくことを制止していました。そのエストロゲンが少なくなったのですから、皮下脂肪がつき放題です。これがぽっこりお腹の原因です。

50代の女性のお腹の脂肪の落とし方は

女性ホルモンがコレステロールを制御してくれないのなら、自分で制御しなくてはいけません。具体的にいうと脂肪分の食事を控えて、野菜をたくさん食べるようにしましょう。

50代の女性のお腹の脂肪の落とし方は食生活を変えるしかありません。それに年々筋肉量が減ってきているので、運動することは絶対に必要です。50代からのダイエットに運動なしはありえません。

運動というと苦しいイメージがありますが、体操でもストレッチでも散歩でもいいのです。50代になると筋肉が硬くなり、柔軟性がなくなってしまいます。筋肉を無理に動かすと体を壊してしまいます。

でも、何もしないと体は確実に硬くなっていきます。体が硬くなると疲れやすくなって、ますます体を動かすことが嫌になってしまいます。少しずつでも体の筋肉を伸ばすような運動をしておきましょう。

スポンサードリンク

NHKでやっているラジオ体操は本当にすばらしいと思います。ストレッチや体操をして筋肉を伸ばして、筋肉をほぐすことを習慣的にやっておかないと体はカチコチに固まってしまいます。

風呂上りのストレッチ

体の柔軟をつけるためには、風呂上りのストレッチがいいです。ストレッチといっても、足を前に出して、背筋を伸ばして座り、手を伸ばしながら、顔を膝につけるイメージで上半身を前に曲げてみましょう。このとき膝や背中が曲がらないようにしましょう。

このとき反動をつけずにゆっくりと、気持ちのいいところでストップしましょう。呼吸はずっと続けていてください。

次に足を開いて体を前に倒してみましょう。また、右足、左足の方にも上半身を倒してください。このとき腰をひねるとお腹の脂肪を落とすことができます。

腰をひねるのにもっといいストレッチは、両手を広げて仰向けに寝転んで、片足を伸ばして、片足を曲げて、曲げた片足を伸ばした足の方へ倒すと腰をひねることができます。顔は曲げた片足の方へ向くと、さらり腰をひねることができます。

まとめ

女性は50代になるとお腹に脂肪がつきやすくなります。50代になると閉経して、子供を作るためのホルモンがいらなくなるからです。女性の体は赤ちゃんのために、余計な皮下脂肪がつくことを制止していました。そのエストロゲンが少なくなったのですから、皮下脂肪がつき放題です。これがぽっこりお腹の原因です。

女性ホルモンがコレステロールを制御してくれないのなら、自分で制御しなくてはいけません。具体的にいうと脂肪分の食事を控えて、野菜をたくさん食べるようにしましょう。

50代の女性のお腹の脂肪の落とし方は食生活を変えるしかありません。それに年々筋肉量が減ってきているので、運動することは絶対に必要です。50代からのダイエットに運動なしはありえません。

NHKでやっているラジオ体操は本当にすばらしいと思います。ストレッチや体操をして筋肉を伸ばして、筋肉をほぐすことを習慣的にやっておかないと体はカチコチに固まってしまいます。

スポンサードリンク

 - お腹の脂肪