お役立つ日記

役立ち情報満載!口コミや比較など多数。

わきが対策で食べてはいけない食べ物。臭い、体臭の原因になるもの

      2017/02/25

わきが対策で食べてはいけない食べ物といえば、脂です。とくに動物性の脂はよくありません。

だからといって植物性の油がいいとは限りません。

スポンサードリンク
  

わきが対策で食べてはいけない食べ物

わきが対策で食べてはいけない食べ物は食べれば余計にわきがの臭いがきつくなる食べ物のことです。その一番の臭いの原因になっているのが、動物の脂です。とくに動物の脂身はわきがの臭いをきつくします。

肉を食べるとどうしても、脂といっしょに食べることになります。肉を食べるのなら脂の比較的ないヒレなどの部位を食べるようにしましょう。

動物の脂がいけないので、ラードやバターも動物の脂から作られているので、いけない食べ物になります。動物の脂を食べると悪臭を放つというアポクリン腺を刺激してしまいます。わきがや脇の臭いをきつくします。

動物の脂そのものもそうですが、動物の脂がたくさん入っているような中華料理は要注意です。たしかにチャーハンや餃子などおいしいです。ラードのような動物の脂がたくさん入っているからおいしいのです。中華料理を食べたいのなら、自分でラードを入れないように自家製のものを作るしかありません。

動物の脂は肉料理や中華料理以外にも洋菓子などのスイーツにも牛の脂がたくさん入ったバターがたくさん入っています。

わきがの臭い、体臭の原因になるもの

わきが対策で食べてはいけない食べもののワーストワンが動物の脂ですが、ワースト2は植物性の油です。とくにリノール酸は血中コレステロール、中性脂肪を増やします。体のなかで酸化することによって、嫌な臭いの原因になります。

スポンサードリンク

紅花油、ひまわり油、なたね油、ごま油はリノール酸がたくさん入っています。また、リノール酸は油だけではなく、マーガリン、マヨネーズ、スナック菓子にもたくさん入っています。普段からスナック菓子が離せない人がスナック菓子をやめたら、それだけでも脇の臭いが軽くなるかもしれません。マヨネーズが大好きな人がマヨネーズを控えたら、少しはましになるかもしれません。

今、動物性の脂も植物性の油でよく使われているリノール酸は、わきがにはよくありませんが、それではわきが対策にいい油といえば、リノール酸以外の油です。たとえばオレイン酸がたくさん入っているオリーブオイルが見直されています。

油以外にも食べてはいけない食べ物

わきが対策で食べてはいけない食べ物は動物の脂とリノール酸の植物性油ですが、油以外にもわきが対策で食べてはいけない食べ物があります。

たばこを吸うと汗が吹き出します。汗の量が増えて体臭がくさくなります。お酒も体臭がくさくなります。

あと、にんにくやニラも口臭だけでなく体臭もくさくなります。

まとめ

わきが対策で食べてはいけない食べ物といえば脂です。動物の脂身はわきがの臭いをきつくします。

中華料理は要注意です。たしかにチャーハンや餃子などおいしいです。ラードのような動物の脂がたくさん入っているからおいしいのです。中華料理を食べたいのなら、自分でラードを入れないように自家製のものを作るしかありません。

動物の脂は肉料理や中華料理以外にも洋菓子などのスイーツにも牛の脂がたくさん入ったバターがたくさん入っています。

紅花油、ひまわり油、なたね油、ごま油はリノール酸がたくさん入っています。また、リノール酸は油だけではなく、マーガリン、マヨネーズ、スナック菓子にもたくさん入っています。

わきが対策にいい油といえば、オリーブオイルです。

たばこを吸うと汗が吹き出します。お酒も体臭がくさくなります。あと、にんにくやニラも口臭だけでなく体臭もくさくなります。

スポンサードリンク

 - わきが