お役立つ日記

役立ち情報満載!口コミや比較など多数。

みかん(蜜柑)の意味は?種類、品種は?産地の特長は?

   

冬といえば、みかん(蜜柑)が定番のおやつです。ビタミンCが豊富に含まれていて、健康にもいい食べ物です。

みかんの小袋や白い筋を食べる派と食べない派に分かれている家庭もありますが、みかんの小袋や白い筋には食物繊維が含まれていて便秘にもいいそうです。ただし、食べ過ぎるとお腹を壊すこともありますので食べ過ぎには気をつけてください。適切な量は1日3個だと言われていますが、1日3個では物足らないですよね。

スポンサードリンク
  

みかん(蜜柑)の意味は?

みかんは漢字で「蜜柑」と書きますが、むかしは「ミツカン」と呼ばれていたそうです。蜜柑は蜜のように甘い柑橘類の意味ですが、今では柑橘類の総称としてみかんと呼ばれています。

みかんはもともと温州みかん(ウンシュウミカン)を指していました。日本に温州という地名はなく、どうやら中国の温州地方が由来だそうですが、温州みかん(ウンシュウミカン)自体は日本のみかんのようです。

温州みかん(ウンシュウミカン)の発祥は鹿児島県の長島地区だそうです。江戸時代に当時、種があったみかんが突然変異により種無しみかんになり、温州みかんと名付けられたそうです。

今では温州みかん以外にも。紀州みかんやイヨカン、はっさく、夏みかんなども、みかんと呼ばれるようになりました。

みかん(蜜柑)の種類、品種は?

みかんの種類を調べようと思っていましたが、温州みかんは日本独特なものですが、「みかん」ということで調べると、世界中のみかんを合わせると900種類以上のみかんが存在するそうです。

普通、冬にコタツの上の籠に置いて食べるミカンは温州みかんです。温州みかんだけでも、115品種あります。よくスーパーに行くと「早生みかん」が売られていますが、収穫時期によって分類されています。

温州みかんは、収穫時期によって、極早生(ごくわせ)、早生(わせ)、中生(なかて)、晩生(おくて)に大きく分類されて流通されています。

温州みかん以外の柑橘類は中晩柑(ちゅうばんかん)に分類されます。全国で収穫されている中晩柑の品種は83種類ですが、中晩柑を生産量順に書くと、いよかん、デコポン、夏みかん、はっさく、ポンカン、ゆず、清見と続きます。有名なところで、レモン、はるみ、カボス、スダチ、沖縄で有名なシークワーサーも含まれます。

スポンサードリンク

みかん(蜜柑)の産地の特長は?

温州みかんの生産量でいえば、1位が和歌山県で、2位が愛媛県、3位が静岡県です。ところが、柑橘類全てを含めると愛媛県が和歌山県の生産量を抜いてしまいます。

和歌山県で有名なのが、有田地方の「有田みかん」です。有田みかんは400年の歴史があります。そのほか、うすいオレンジ色の「早生みかん」、緑色の「極早生みかん」は全国に流通されています。「三宝柑」という、江戸時代に紀州徳川家に献上した珍しいみかんも有名です。

愛媛県では、たくさんの種類のみかんが栽培されていて、大型の「伊予柑(いよかん)」は全国的に有名です。「紅まどんな」「ひめのか」「甘平(かんぺい)」などの愛媛県限定品種も多いです。

静岡県では静岡市で発見された「青島温州」という優良品種が多く生産されています。なかでも浜松市北区三ヶ日町の「三ケ日みかん」が有名です。

まとめ

温州みかん(ウンシュウミカン)の発祥は鹿児島県の長島地区だそうです。江戸時代に当時、種があったみかんが突然変異により種無しみかんになり、温州みかんと名付けられたそうです。

今では温州みかん以外にも。紀州みかんやイヨカン、はっさく、夏みかんなども、みかんと呼ばれるようになりました。

普通、冬にコタツの上の籠に置いて食べるミカンは温州みかんです。温州みかんだけでも、115品種あります。よくスーパーに行くと「早生みかん」が売られていますが、収穫時期によって分類されています。

温州みかん以外の柑橘類は中晩柑(ちゅうばんかん)に分類されます。全国で収穫されている中晩柑の品種は83種類ですが、中晩柑を生産量順に書くと、いよかん、デコポン、夏みかん、はっさく、ポンカン、ゆず、清見と続きます。有名なところで、レモン、はるみ、カボス、スダチ、沖縄で有名なシークワーサーも含まれます。

温州みかんの生産量でいえば、1位が和歌山県で、2位が愛媛県、3位が静岡県です。ところが、柑橘類全てを含めると愛媛県が和歌山県の生産量を抜いてしまいます。

スポンサードリンク

 - 未分類