お役立つ日記

役立ち情報満載!口コミや比較など多数。

わきが対策にビタミン剤がおすすめ。ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE

      2017/02/25

ビタミンAは、皮膚の新陳代謝を活発にして、皮膚の抵抗力を高めてくれるので、皮膚における雑菌の繁殖を抑えてくれます。わきが臭を発する雑菌が増殖しません。ビタミンB2は、タンパク質の合成を助けてくれます。皮膚作りをサポートします。

ビタミンCは、抗酸化作用がありますので、わきがの臭いの原因となっている過酸化脂質の発生を抑えてくれます。ビタミンEは血液の状態をよくしてくれます。不純物やコレステロールを取り除いてくれるので、血液がサラサラになります。

スポンサードリンク
  

わきが対策 ビタミンA

わきが対策にはビタミンAがいいです。ビタミンAは皮膚の新陳代謝を促進してくれるビタミンです。皮膚が毎日、代謝されると、皮膚における細菌の繁殖を抑えてくれます。わきが臭は汗に雑菌が繁殖することで臭います。

ビタミンAを含む食べ物で有名なのが、人参、ほうれん草、小松菜、春菊などの緑黄色野菜です。

わきが対策 ビタミンC

ビタミンCには抗酸化作用があります。脂が酸化することで雑菌の大好きな脂汗になります。ビタミンCをとると脂が酸化するのを抑制してくれるので、雑菌が繁殖しにくくなります。また、ビタミンCにはコレステロールを減らしてくれる働きがありますので、血液をサラサラにする性質があります。

わきが臭の原因の一つがアポクリン汗腺から出る汗と雑菌が混ざり合って雑菌が増殖することでわきがに臭いが出てきます。わきの下を清潔にすることも大切ですが、血液がサラサラになると、体のなかにある毒素を排出してくれます。

スポンサードリンク

ビタミンCが多く含まれている食品は、レモン、グレープフルーツ、イチゴ、ブロッコリー、アセロラ、ゆず、柿、パセリ、キウイフルーツがあります。

わきが対策 ビタミンE

ビタミンEには血液をサラサラにします。血液がドロドロの状態は不純物や老廃物コレステロールなどが多く含まれています。また、水分量が少ない状態の血液です。ドロドロの血液ではアポクリン汗腺から分泌される汗もドロドロの状態になってしまいます。わきが臭の雑菌も大好きな汗になっています。

ビタミンEを多く含む食品は、米、麦のなかの胚芽、胚芽油、卵黄、ゴマ、ニンジン、カボチャ、ほうれん草などがあります。

まとめ

わきが対策にビタミンがおすすめです。ビタミンAは皮膚の新陳代謝を促進してくれるビタミンです

ビタミンAを含む食べ物で有名なのが、人参、ほうれん草、小松菜、春菊などの緑黄色野菜です。

ビタミンCには抗酸化作用があります。ビタミンCをとると脂が酸化するのを抑制してくれるので、雑菌が繁殖しにくくなります。また、ビタミンCにはコレステロールを減らしてくれる働きがありますので、血液をサラサラにする性質があります。

ビタミンCが多く含まれている食品は、レモン、グレープフルーツ、イチゴ、ブロッコリー、アセロラ、ゆず、柿、パセリ、キウイフルーツがあります。

ビタミンEには血液をサラサラにします。血液がドロドロの状態は不純物や老廃物コレステロールなどが多く含まれています。ドロドロの血液ではアポクリン汗腺から分泌される汗もドロドロの状態になってしまいます。わきが臭の雑菌も大好きな汗になっています。

ビタミンEを多く含む食品は、米、麦のなかの胚芽、胚芽油、卵黄、ゴマ、ニンジン、カボチャ、ほうれん草などがあります。

スポンサードリンク

 - わきが