お役立つ日記

役立ち情報満載!口コミや比較など多数。

ポリエステルの服はわきが対策になりません。綿や麻などの天然素材がいい

      2017/02/25

ポリエステルの服はわきが対策になりません。ポリエステルの服を着ると余計にわきがの臭いがきつくなります。というのもポリエステルは汗を吸収しないので、脇の下に汗が残った状態になってしまいます。そこに雑菌が繁殖して、わきが臭を発生してしまいます。

スポンサードリンク
  

ポリエステルの服はわきが対策になりません。

わきが対策をしている人にはポリエステルの服は向きません。ポリエステルだけでなく、アクリルやナイロン、ポリウレタンなどの化学繊維の服は避けた方がいいです。

どうしてもポリエステルのような化学繊維の服を着たいのでしたら、その下に綿100%の天然繊維のインナーを着ることをお勧めします。また、脇汗パッドをつけるか、こまめに汗を拭きとるか、制汗剤をこまめにつけるようにしましょう。

綿や麻などの天然素材100%

ポリエステルのような化学繊維がわきが対策にダメなら、どんな服がいいかというと、綿や麻のような吸湿性のある天然素材の服がいいです。結局、わきが臭はわきの下のアポクリン腺からでた汗が雑菌と混ざって繁殖してしまうことで、その臭いを発生させてしまいます。

綿や麻は吸収性もよく通気性もいい素材です。綿や麻などの天然素材100%をつかうことで、わきの下から汗を吸い取り、その汗をすぐに空気へ放出してくれるので、わきの下が乾燥した状態にしてくれます。

吸汗速乾の化学繊維のインナーは?

それでは、吸汗速乾の化学繊維のインナーはどうでしょうか。綿や麻などのように吸収性もよく通気性もいいです。わきの下から汗がなくなるのでいい気がします。たしかに一般の化学繊維に比べればいいみたいですが、それでも臭いが気になっている人が多いです。

スポンサードリンク

それは吸汗速乾の化学繊維のインナーは汗に含まれる水分だけなくなって、臭い成分は服に残ったままだからです。逆にわきがの臭いが染みつくようです。

化学繊維は天然素材に比べて、わきがの臭いが生地につきやすい性質を持っています。洗濯するときも、強烈な衣料用漂白剤を使わないと、洗剤だけではわきがの臭いが残っている場合があります。

まとめ

ポリエステルの服はわきが対策になりません。ポリエステルは汗を吸収しないので、脇の下に汗が残った状態になってしまいます。そこに雑菌が繁殖して、わきが臭を発生してしまいます。

わきが対策をしている人にはポリエステルの服は向きません。ポリエステルだけでなく、アクリルやナイロン、ポリウレタンなどの化学繊維の服は避けた方がいいです。

どうしてもポリエステルのような化学繊維の服を着たいのでしたら、その下に綿100%の天然繊維のインナーを着ることをお勧めします。また、脇汗パッドをつけるか、こまめに汗を拭きとるか、制汗剤をこまめにつけるようにしましょう。

綿や麻は吸収性もよく通気性もいい素材です。綿や麻などの天然素材100%をつかうことで、わきの下から汗を吸い取り、その汗をすぐに空気へ放出してくれるので、わきの下が乾燥した状態にしてくれます。

吸汗速乾の化学繊維のインナーは汗に含まれる水分だけなくなって、臭い成分は服に残ったままだからです。逆にわきがの臭いが染みつくようです。

化学繊維は天然素材に比べて、わきがの臭いが生地につきやすい性質を持っています。洗濯するときも、強烈な衣料用漂白剤を使わないと、洗剤だけではわきがの臭いが残っている場合があります。

スポンサードリンク

 - わきが