お役立つ日記

役立ち情報満載!口コミや比較など多数。

食事によるミドル脂臭対策。加齢臭とミドル脂臭の違いは?予防方法は?

      2017/02/25

最近、加齢臭とは違う男の臭いとしてミドル脂臭というものが見つかりました。ミドル脂臭はその名前のとおり、男性のミドルエイジに多い臭いです。男性の30代から40代半ばに臭いやすいです。

食事によるミドル脂臭対策ですが、ミドル脂臭というのは男性の30代から40代半ばに臭いやすいです。男性の脂ぎった食事というのは、肉を食いまくりの、酒を飲みまくりのたばこ吸いまくりです。

食事を節制するだけでもミドル脂臭対策になります。暴飲暴食を止めて、適度な運動をする規則正しい生活をすることで、少しでも臭いが軽減されます。

スポンサードリンク
  

食事によるミドル脂臭対策

ミドル脂臭の対策として、ミドル脂臭の臭いの元であるジアセチルが発生するのは、疲労物質である乳酸にあります。だから、乳酸を抑える食事をすればいいのです。

そのためには抗酸化力のある食品を積極的にとることが大切です。抗酸化作用のある食品として、一番おすすめの食べ物がバナナです。

そのほか、アボカド、カボチャ、ニンジン、キャベツ、トマト、ニンニク、ショウガはいいです。また。大豆にも抗酸化作用のあるポリフェノールがたくさん含まれています。今人気のパクチーもいいです。ようするに野菜をたくさん食べましょうということです。

脂や油ものの食事から野菜中心の食事に切り替えるだけでも、十分ミドル脂臭対策になります。

加齢臭とミドル脂臭の違い

加齢臭とミドル脂臭はどちらとも30代を過ぎると出てくる症状です。加齢臭とミドル脂臭の違いは発生する原因となる物質が違います。

スポンサードリンク

加齢臭はノネナールという成分が原因です。パノネナールはルミトオレイン酸という脂肪酸が酸化することで発生する成分です。

ミドル脂臭はジアセチルという成分が原因です。ジアセチルは乳酸がブドウ球菌によって分解されて発生する成分です。

一般にミドル脂臭の方が加齢臭よりも臭いがきついと言われています。それはミドル脂臭の原因とされているジアセチルの方が加齢臭の原因とされているノネナールよりも臭いがきついからです。

ミドル脂臭を予防する

ミドル脂臭は古い油のような臭いがします。汗のなかの疲労物質である乳酸がブドウ球菌に分解されたジアセチルという成分がミドル脂臭の臭いの原因です。

このジアセチルの臭いは強烈です。わずかでも空気中に広がって周りの人に気づかれてしまいます。

ミドル脂臭は男性のミドルエイジの臭いと言われていますが、女性でも30代後半は女性ホルモンが少なくなってきて、脂肪に対する制御ができなくなってくるので、男性と同じように肉を食べたりすると同じような臭いがでてきます。いわゆるおじさん臭です。

ミドル脂臭は脂質の多い食事で発生しやすくなります。そのほか、ミドル脂臭の原因として、野菜不足や運動不足、疲労、冷え症、不規則な生活やストレスでも、その臭いがきつくなると言われています。

まとめ

ミドル脂臭の対策として、ミドル脂臭の臭いの元であるジアセチルが発生するのは、疲労物質である乳酸にあります。だから、乳酸を抑える食事をすればいいのです。

そのためには抗酸化力のある食品を積極的にとることが大切です。抗酸化作用のある食品として、一番おすすめの食べ物がバナナです。

そのほか、アボカド、カボチャ、ニンジン、キャベツ、トマト、ニンニク、ショウガはいいです。また。大豆にも抗酸化作用のあるポリフェノールがたくさん含まれています。今人気のパクチーもいいです。ようするに野菜をたくさん食べましょうということです。

ミドル脂臭は脂質の多い食事で発生しやすくなります。そのほか、ミドル脂臭の原因として、野菜不足や運動不足、疲労、冷え症、不規則な生活やストレスでも、その臭いがきつくなると言われています。

スポンサードリンク

 - ミドル脂臭, 加齢臭