お役立つ日記

役立ち情報満載!口コミや比較など多数。

クリスマスにチキンを食べる由来は?ケンタッキーの理由

      2017/02/25

クリスマスにチキンを食べる由来はいつからだと思いますか。

日本の場合、長い間、鎖国をしていたので、明治時代になってから、欧米化の波に飲み込まれるようになりました。

その当時は無理やり欧米化させられていた気がします。

また、戦争が終わり、アメリカの統治下に置かれ、嫌でもアメリカの文化を受け入れた経緯があります。

でも、日本人は外国の文化でも、自国の文化のようにアレンジしてしまった気がします。

スポンサードリンク
  

クリスマスにチキンを食べる理由

クリスマスパーティーといえば、クリスマスケーキとチキンを食べますが、クリスマスにチキンを食べることにあまり意味はないようです。

実際、アメリカ人はクリスマスにチキンを食べません。七面鳥を食べます。私もアメリカに行ったときに、よく七面鳥をごちそうになりました。また、ローストチキンよりもローストポークを食べています。

クリスマスはお祝いなので、ごちそうならなんでもよかったようです。アメリカでは普段から、祝い事に七面鳥を食べる習慣があります。クリスマスも祝い事なので七面鳥を食べるそうです。

スポンサードリンク

日本人がクリスマスにチキンを食べる由来

日本では明治時代に西洋のクリスマスパーティーの風習が入ってきたわけですが、日本ではなかなか七面鳥が手に入りません。それで、味が近い鶏肉を食べるようになったようです。

私の子どもの頃は、よく鳥の骨付きもも肉をローストしたものを出してくれました。骨のところにアルミホイルで飾りつけされていました。

クリスマスチキンがケンタッキーになった理由

最近、クリスマスチキンとして、ケンタッキーのフライドチキンが選ばれるようになりました。それは、ケンタッキーのフライドチキンがおいしいからだと思います。柔らかくて、すごく食べやすいです。私も大好きです。

子どもたちもケンタッキーのチキンが好きなので、クリスマスはついついケンタッキーのパーティバーレルを買っていきます。

「クリスマスと言えばケンタッキー」というのは完全にケンタッキーの商品戦略です。パッケージにはカーネルおじさんがサンタ姿で描かれていて、子どもたちは幼少の頃、カーネルおじさんがサンタさんだと勘違いしていたほどです。

まとめ

結局、クリスマスにチキンを食べる理由なんて、実際のところありません。ケンタッキーのフライドチキンは、ケンタッキーの商品戦略です。もっと言っちゃうと、クリスマスケーキもケーキ屋さんの商品戦略です。クリスマスのようなイベントは、ケーキ屋さんが一年のなかでも、もっとも売り上げをあげることのできる時期です。

おかげでクリスマスから年末、年始にかけて、いろんなお店が儲かる時期です。今はハロウィンやバレンタインまでイベントにしています。10月末から2月の中旬まで、イベントだらけです。それで日本の景気がよくなるのでしたら、いいことなのかもしれません。

スポンサードリンク

 - クリスマス チキン