お役立つ日記

役立ち情報満載!口コミや比較など多数。

胸の谷間の汗の臭い対策は?汗取りには汗パッドがいいです。

      2017/02/25

胸の谷間の汗の臭い対策ですが、汗がでたばかりのときは無臭です。それに細菌が繁殖することで、あの嫌な臭いを発するわけです。だから、汗をかいたらすぐにタオルで拭くのがいいです。また、こまめにインナーを替えるようにしましょう。今はいろいろな制汗剤が発売されています。

スポンサードリンク
 

胸の谷間の汗の臭い対策

 
お風呂に入るのも汗の臭い対策になります。シャワーだけでなく、しっかり湯船に入るようにしましょう。運動不足やエアコンなどで汗をかくことを減っていると、汗腺に老廃物が溜まってしまって、よりきつい臭いを発生してしまいます。

湯船に入ってしっかり汗をかくことで、汗腺に溜まった老廃物を流すことができます。体を洗う時も、ゴシゴシ洗ってしまうと必要な皮脂まで落としてしまうので、余計に多量の皮脂が出るようになります。

また、食事療法によって、臭いを抑えることができます。脂や肉を控えて、野菜や魚中心のバランスのとれた食事をすることで臭いを抑えることができます。

胸の谷間の汗取りが必要

胸の谷間の汗取りが必要です。加齢臭に悩む人は多いです。加齢臭は男性だけのものだと思われがちですが、加齢臭のもとちなる「ノネナール」は、皮脂腺から分泌される皮脂に含まれている脂肪酸が酸化することで発生するのです。

年齢を経ることでノネナールの臭いが強くなるのは、ノネナールのもとになる脂肪酸の9-ヘキサデセン酸の量が体内で増加するためです。

そして、ノネナールのもとになる脂肪酸を分泌しているのは皮脂腺です。皮脂腺は体全体に張り巡らされています。ということは、体のどの部分からでも加齢臭の臭いが発生する可能性があるのです。

スポンサードリンク

足の裏や手のひら以外の体の全身に皮脂腺はあります。加齢臭の臭いは体全体から発生する可能性はあります。そのなかでも臭いが強くなるのは、皮脂腺の数を多いところです。つまり皮脂分泌量の多いところです。

具体的に言うと、頭部、耳の後ろ、小鼻、背中、腋の下、そして、胸元にも皮脂腺がたくさんあります。そのため、胸の臭いが強くなりがちです。特に夏場は胸にたくさんの汗をかきます。

胸の谷間の汗に汗パッド

胸の谷間の汗には汗パッドを使うようにしましょう。汗はすばやく汗取りするのがいいです。

胸の谷間の汗の臭いは加齢臭以外にもあります。それはアポクリン腺から分泌された汗が皮膚の常在菌の分解して臭うきついワキガ臭です。胸でワキガの臭いがするので、チチガ臭と呼ばれています。それはアポクリン腺が乳首のまわりに集まっているからです。これは赤ちゃんが乳首を探すのに必要な臭いであるとも言われています。

まとめ

胸の谷間の汗の臭い対策ですが、汗がでたばかりのときは無臭です。だから、汗をかいたらすぐにタオルで拭くのがいいです。また、こまめにインナーを替えるようにしましょう。今はいろいろな制汗剤が発売されています。

湯船に入ってしっかり汗をかくことで、汗腺に溜まった老廃物を流すことができます。体を洗う時も、ゴシゴシ洗ってしまうと必要な皮脂まで落としてしまうので、余計に多量の皮脂が出るようになります。

また、食事療法によって、臭いを抑えることができます。脂や肉を控えて、野菜や魚中心のバランスのとれた食事をすることで臭いを抑えることができます。

頭部、耳の後ろ、小鼻、背中、腋の下、そして、胸元にも皮脂腺がたくさんあります。そのため、胸の臭いが強くなりがちです。特に夏場は胸にたくさんの汗をかきます。

胸でワキガの臭いがするので、チチガ臭と呼ばれています。それはアポクリン腺が乳首のまわりに集まっているからです。これは赤ちゃんが乳首を探すのに必要な臭いであるとも言われています。

スポンサードリンク

 - 加齢臭