お役立つ日記

役立ち情報満載!口コミや比較など多数。

脇汗の汗染み対策は?脇汗を出なくする方法は?かかない方法は?

      2017/02/25

脇の下にはもともとエクリン腺という汗腺がたくさん集まっています。体の他の場所より汗をかきやすい場所です。そして、わきがの臭いのもとになっているアポクリン腺も集中しています。

アポクリン腺は、この体臭によりフェロモンを感じることができる動物にとっては重要な臭いなのですが、日本人は清潔な民族なので、かえってわきが臭を嫌う人が多いのも事実です。

スポンサードリンク
  

脇汗の汗染み対策

わきが臭は人間であることの証明である臭いなのに、誰もが持っている臭いがなのに、その臭いがきつい人を嫌うのもどうかしていると思いますが、やはり、嫌な人は嫌な臭いだと思います。

アポクリン腺は、脇の下のほかにも、陰部や肛門、乳輪、耳の中にだけに存在します。汗をかいて時間が経つと、きついわきが臭を発します。このアポクリン腺から出る汗が乾くと黄色い汗染みになります。

脇汗の汗染み対策ですが、黄色い汗染みはアポクリン腺によるわきが臭がきつくなっての汗染みなので、わきが臭がきつくならないようにすればいいのです。

脇汗を出なくする方法

ひとつは食事です。汗染みの作らない汗をかくためには、毎日の食事でバランスのいい食事をとることが一番です。特に肉などの脂の多いものや、牛乳、バター、チーズなどの動物性たんぱく質の多いものを食べすぎると、脇汗を出す汗腺であるアポクリン腺を刺激します。

アポクリン腺が刺激されると脇汗からきつい臭いの元になる汗が流れてきます。つまり、黄色い汗染みを作りやすくします。

脇汗の汗染みを作りやすい食べ物

スポンサードリンク

1.脂の多い食べ物
2.肉中心の食生活
3.ファストフード
4.インスタント食品
5.お酒
6.コーヒー
7.冷たいもの
8.辛いもの、酸味の強いなどの刺激の強い食べ物

また、肥満になると余計に脇汗が出てきます。はじめに食べる量を減らすようにして、バランスのとれた食生活をするように心がけましょう。

肉や脂、動物性タンパク質の食生活から、野菜、果物、大豆などの植物性のたんぱく質を、少しずつ食べるような食生活に変えていきましょう。

脇汗をかかない方法

脇の下の汗を出す汗腺であるエクリン腺は、体全体に存在しています。人間の体はエクリン腺からの発汗によって体温調節しています。

ところが日頃、運動していないと体全体にある汗腺が休眠状態になります。そこで、気温が上がると、活発のところだけ、大量に汗をかいてしまうのです。特に脇の下は汗を大量にかいてしまうところです。

日頃から運動していると、体全体から汗が流れますので、脇の下から汗をかいたとしても、それほどの量にはなりません。また、日頃、汗をかいていることで、汗腺にたまりがちな余計な脂分なども流れていて、さらさらの汗が出てきます。

たまに汗をかくと溜まった汚れや脂分まで排出されるので、余計に臭いがきつくなります。

まとめ

脇の下にはもともとエクリン腺という汗腺がたくさん集まっています。体の他の場所より汗をかきやすい場所です。そして、わきがの臭いのもとになっているアポクリン腺も集中しています。

脇汗の汗染み対策ですが、黄色い汗染みはアポクリン腺によるわきが臭がきつくなっての汗染みなので、わきが臭がきつくならないようにすればいいのです。

また、肥満になると余計に脇汗が出てきます。はじめに食べる量を減らすようにして、バランスのとれた食生活をするように心がけましょう。

肉や脂、動物性タンパク質の食生活から、野菜、果物、大豆などの植物性のたんぱく質を、少しずつ食べるような食生活に変えていきましょう。

日頃から運動していると、体全体から汗が流れますので、脇の下から汗をかいたとしても、それほどの量にはなりません。また、日頃、汗をかいていることで、汗腺にたまりがちな余計な脂分なども流れていて、さらさらの汗が出てきます。

スポンサードリンク

 - 脇汗