お役立つ日記

役立ち情報満載!口コミや比較など多数。

伊勢神宮の内宮の正宮である皇大神宮に参拝してきました。

   

2019年12月8日(日)に伊勢神宮の正宮である皇大神宮(こうたいじんぐう)に参拝してきました。伊勢神宮という神社があることは知っていましたが、令和になって、新天皇陛下が伊勢神宮を参拝されるお姿に感化され、私も今年中に参拝したいという思いで胸がいっぱいになりました。

でも伊勢神宮という言葉は知っていましたが、伊勢神宮が125の宮社すべてを含めて神宮ということは知りませんでした。皇大神宮(こうたいじんぐう)とその周りにある神社のことを伊勢神宮のことだとぼんやり思っていました。内宮、外宮、別宮のことも知りませんでした。

伊勢神宮のことを知り、より深く、神社や日本の神様のことを知りたくなりました。日本には天照大御神(あまてらすおおみかみ)という皇室の御祖先の神であり、国民の大御祖神(おおみおやがみ)がおられ、この日本の安全を守られているということは、すごいことだと思います。私は静岡に住んでいるので、富士山がこの日本の地を守っていると考えていましたが、富士山以外にも天照大御神(あまてらすおおみかみ)様がこの地を守っていると思うとうれしくなってきます。

また、この天照大御神(あまてらすおおみかみ)様は、個人の願いを聞き入れる神様ではありません。日本の平和と日々の生活が平穏であることの感謝を祈る神様です。個人の願いは別宮でするのが習わしのようです。日本は諸外国から狙われていますし、災害も多いですが、なんやかんやで守られていることが多いように思います。

伊勢神宮の内宮の駐車場のおすすめ

伊勢神宮の内宮の駐車場は市営のものは大まかに8つあります。それが3つのグループに分かれていて、内宮の近くのA駐車場、伊勢磯部線より遠いB駐車場、B駐車場のなかでもさらに遠い五十鈴川河川敷の駐車場です。内宮A1・A2駐車場49台、内宮A4駐車場53台です。内宮B1駐車場254台、内宮B2駐車場98台、内宮B3駐車場73台、内宮B4駐車場98台です。さらに遠い五十鈴川河川敷にあるB5駐車場615台、B6駐車場384台です。どの駐車場も1時間以内は無料です。2時間までが500円、2時間以降は30分毎に100円加算されます。

今回はB1駐車場に停めましたが、伊勢神宮まで歩いて30分はかかります。往復1時間はかかります。参拝の時間が最低1時間かかるとしても2時間はかかります。今回は3時間手前で駐車場に帰ってこれたので、700円ですみました。

伊勢神宮の内宮の駐車場のおすすめはA駐車場ですが、停めるまでに時間がかかります。おかげ横丁に行かれるならB駐車場でも構わないと思います。時間が許せば猿田彦神社へも参拝したかったのですが、猿田彦神社に行くならB駐車場です。猿田彦神社には台数は少ないですが無料駐車場があります。

伊勢神宮の内宮の参拝と紅葉

伊勢神宮の内宮の参拝の所要時間は正宮の皇大神宮(こうたいじんぐう)だけでも1時間は必要です。思ったより広かったです。時間を気にして参拝するよりも、ゆとりをもって参拝しましょう。最初の鳥居をくぐると宇治橋を渡ります。宇治橋から見える五十鈴川はすごく神秘的に見えます。

宇治橋を渡ったところにも鳥居があります。

内宮の御手洗場は五十鈴川になっています。五十鈴川の水に触れるだけで汚れた心が洗われるようです。また、五十鈴川の河川敷の紅葉もきれいです。

スポンサードリンク

五十鈴川で手を清めると、隣にある瀧祭神(たきまつりのかみ)にこれから正宮に参拝することを報告します。瀧祭神(たきまつりのかみ)は五十鈴川の守り神です。正宮に参拝する前にこの神様にお参りすると、頼みごとを大御神様に取り次いでくれるそうです。

皇大神宮は天照大御神をお祀りしています。今回の旅行のメインです。でも、人が多すぎて何も感じることはできませんでした。

参集殿(さんしゅうでん)です。参拝者向けの無料休憩所です。内宮のなかにも座れるところが少ないです。外宮に比べれば座るところはありますが、お年寄りの参拝者は大変です。中央に見えるのが能舞台です。能や狂言などが奉納されるそうです。

伊勢神宮の内宮の外にある「おかげ横丁」

おかげ横丁といえば、赤福と伊勢うどんです。私はもともと関西人ですが、伊勢うどんはしょっぱいです。今回の伊勢参りは人が多すぎて人に酔ってしまいました。やはり平日に来てゆっくり参拝したいものです。でも、紅葉の美しさと五十鈴川の水に心が癒された旅でした。

スポンサードリンク

 - 神社