お役立つ日記

役立ち情報満載!口コミや比較など多数。

名古屋港水族館の総水量と有名な動物

   

名古屋港水族館の総水量は24,600tです。そのため、シャチやバンドウイルカ、シロイルカなどの大型海洋哺乳動物を間近に見ることができます。名古屋港水族館の一番大きいメインプールは、60m×30m×深さ12mの円形プールです。このメインプールの水量は13,400tです。このほか10個のプールの総水量が24,600tです。また、日本最大の延床面積を誇る水族館です。

名古屋港水族館では、イルカ、シロイルカ(ベルーガ)、ペンギン、ウミガメなどが飼育、繁殖、研究をしています。イルカショー、ゴマフアザラシ、シャチのトレーニングやマイワシのトルネードなどのイベントも豊富です。ちなみの名古屋港水族館は日本の水族館のなかでは、延床面積ランキング1位です。日本の水族館の入場者数ランキングはなんと3位です。1位は沖縄の美ら海水族館、2位が大阪の海遊館です。

名古屋港水族館の有名な動物

有名な動物として、コウテイペンギンやシャチを飼育している水族館です。コウテイペンギンは日本では名古屋港水族館とアドベンチャーワールドの2か所で飼育されています。シャチは日本では名古屋港水族館と鴨川シーワールドの2か所で飼育されています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 - 水族館