お役立つ日記

役立ち情報満載!口コミや比較など多数。

静岡浅間神社の楼門くぐり初め式に行ってきた。

      2020/12/03

静岡浅間神社では、約20年かけて境内にある国の重要文化財26棟の漆、彩色の塗替え工事を実施しています。今回は楼門がお披露目になります。これまでに大歳御祖神社本殿、少彦名神社の改修が終了しています。

静岡浅間神社(しずおかせんげんじんじゃ)は、神部神社(かんべじんじゃ)、浅間神社(あさまじんじゃ)、大歳御祖神社(おおとしみおやじんじゃ)の三社の総称です。しかも神社は他に麓山神社(はやまじんじゃ)、八千戈神社(やちほこじんじゃ)、少彦名神社(すくなひこなじんじゃ)、玉鉾神社(たまほこじんじゃ)があり、合計7つの神社の御利益を受けることができます。

神部神社(かんべじんじゃ)は、延命長寿・縁結び・除災招福の神です。浅間神社(あさまじんじゃ)は、安産・子授け・婦徳円満の神です。大歳御祖神社(おおとしみおやじんじゃ)は、往古の安倍の市(静岡)の守護神であり、農・漁・工・商業等諸産業の繁栄の守護の神です。麓山神社(はやまじんじゃ)は、山の恵み、即ち木材・水利をはじめ、春には田の神として豊穣を掌り、衣食住全般を守護される神です。八千戈神社(やちほこじんじゃ)は、スポーツ・武道など、必勝の守護神です。少彦名神社(すくなひこなじんじゃ)は、県内唯一の医薬の神です。医療・薬業の守護神です。病気平癒・身体健全の霊験あらたかです。また御酒の神として、さらには芸能を広め民生を整えられたことにより芸能の神でもあります。玉鉾神社(たまほこじんじゃ)は、国学の神であることから学業成就・合格祈願に霊験があります。

スポンサードリンク
今回のお披露目された楼門は、神部神社・浅間神社の楼門です。総漆塗で、彫物には「水呑の龍」「虎の子渡し」などがあります。層部分に「當國總社・冨士新宮」の扁額が揚げられています。
楼門を左側から撮ってみました。

楼門を後ろから撮ってみました。
「水呑の龍」
楼門の背面です。
楼門の正面です。
スポンサードリンク

 - 神社