お役立つ日記

役立ち情報満載!口コミや比較など多数。

車のバッテリーの充電でアイドリングの時間は?寿命と目安は?

   

車のバッテリー上がり防止のためのアイドリングなら、

3日に一度、30分から1時間ぐらいが

アイドリングの状態がひとつの目安です。

スポンサードリンク
  

車のバッテリーの充電でアイドリングの時間は?

しかしアイドリングで充電するのは、あくまでも車の走行をめったにしない人の話で、車のバッテリーの充電は、車を走らせて充電するのが基本です。

老人の車の事故が問題視されていますが、マイカーを所有していてもめったに運転しない人も多いです。また、出張などで車を長期間、使わない人もいます。

長期間、車を走らせないのであれば、車のバッテリー上がりを防止するために、エンジンをかけて、アイドリングの状態にして、バッテリーに充電させておく必要があります。

でも、車によっても、バッテリーの性能や状態によっても、アイドリングを行う周期や時間は違います。できれば、毎日10分でもアイドリング状態にしておく方がいいです。

アイドリング状態でもゆっくりですが充電はされています。ただし、アイドリングではエンジン回転数がおよそ500~1000回転と低いです。

充電するのに最適なエンジン回転数は2000~2500回転です。車を走らせることができるのでしたら、時速50kmで30分から1時間ぐらい走らせた方がしっかり充電できます。

バッテリーの寿命

アイドリング状態でも、充電できない場合があります。それはバッテリーが寿命だったり、バッテリーの故障が考えられます。また、アイドリング状態でも、それ以上に放電していれば、充電できません。

スポンサードリンク

バッテリーから放電されるのは車の電装品をつけている場合です。一番、電気を使うのは、エアコンです。それに、ブレーキランプ、リアデフォッガー、ヘッドライト、ワイパーです。夜間の雨の日の渋滞時にバッテリー上がりが多いのは、電装品によって、電力を消費するからです。

車のバッテリーの製品寿命は、通常3から4年といわれていますが、実際のところ、バッテリーの寿命は、車の使用状況によって大きく違ってきます。充放電を激しく使ったり、バッテリー温度の高い使い方は、寿命を極端に短くしてしまいます。

年間 5,000km以下の走行距離の短い車もバッテリーに充電される時間が少ないので、慢性的な充電不足になります。バッテリー上がりが多くなります。

バッテリー交換の目安

バッテリー交換の目安としては、バッテリー液の減りが激しい場合やバッテリー液の減りが各層で偏っている場合は交換時期です。

また、バッテリー本体が熱を持っていたり、充電しても比重が上がらなかったり、何度もバッテリー上がりをしてしまうのなら、もうバッテリーの寿命です。

販売会社や整備工場に行って、バッテリーを交換してください。

まとめ

車のバッテリー上がり防止のためのアイドリングなら、3日に一度、30分から1時間ぐらいアイドリングの状態がひとつの目安です。

でも、車によっても、バッテリーの性能や状態によっても、アイドリングを行う周期や時間は違います。できれば、毎日10分でもアイドリング状態にしておく方がいいです。

充電するのに最適なエンジン回転数は2000~2500回転です。車を走らせることができるのでしたら、時速50kmで30分から1時間ぐらい走らせた方がしっかり充電できます。

バッテリーから放電されるのは車の電装品をつけている場合です。一番、電気を使うのは、エアコンです。それに、ブレーキランプ、リアデフォッガー、ヘッドライト、ワイパーです。夜間の雨の日の渋滞時にバッテリー上がりが多いのは、電装品によって、電力を消費するからです。

年間 5,000km以下の走行距離の短い車もバッテリーに充電される時間が少ないので、慢性的な充電不足になります。バッテリー上がりが多くなります。

スポンサードリンク

 -