お役立つ日記

役立ち情報満載!口コミや比較など多数。

ハイブリッド車の燃費が悪い?その理由は?燃費向上のために

      2017/03/21

ハイブリッド車は今すごく人気のある車です。

それは形がかっこいいのもあるけれど、誰もが燃費がいいということで、ハイブリッド車を買っている人が多いと思います。

でも、実際に乗ってみると、ハイブリッド車は燃費が悪いという声をたくさん聞きます。それはどうしてでしょうか?

スポンサードリンク
  

ハイブリッド車の燃費が悪い?

そもそもハイブリッドというのは、混合物という意味があります。つまり、ハイブリッド車をいうのは、エンジンとモーターの混合車です。

車の場合は、1つの車体に2種類以上の動力発生装置を備えるものをハイブリッド車と呼んでいます。現段階のハイブリット車は、エンジンと電動モーターを搭載して、それぞれが車を走らせるための力を発生する車のことです。

もともと環境に優しい電気自動車ができたのですが、どうも走りが悪い、その走りをよくするために、エンジンで補うためにハイブリット車ができたのだと思います。

または、エンジンの燃費が悪い、環境に悪いという弱点と、電動モーターのパワーが弱い、電気をたくさん使うという弱点を補って、相乗効果で性能面をよくするためにハイブリッド車が作られたと思います。

ハイブリッド車の燃費が悪いと感じられている方は、モーターをきちんと使っていないからです。

ハイブリッド車が燃費のいい理由

ハイブリット車のいいところは、エンジンとモーターが弱点を補い合うからです。それをエンジンばかり使っていると燃費が悪いのも当然です。

ハイブリッド車が燃費のいい理由として、エンジン車では捨てていた力を電気に変えてモーターで使うからです。

エンジンは、ガソリンや軽油を燃料として、燃料を燃焼させるエネルギーを回転運動に変換して、タイヤを回しています。モーターは電気の力でタイヤを回転させます。

ハイブリット車は、たえず、エンジンとモーターの両方が動いているのではなく、エンジンだけで走っている場合もあります。

また、エンジンで発電機を回して電気を作ってバッテリーに蓄えます。ハイブリッド車はエンジンが作った電気を使って、モーターを回してタイヤを回しています。

ハイブリッド車は、基本的に同じパワーのエンジン車よりも燃費がいいのは、エネルギー回生を行っているからだと言われています。

エンジン車がブレーキをかけると、こすれることによって摩擦熱が発生します。これは速度のエネルギーが熱に変換されているのですが、その熱は空気中に放熱されるだけです。

このエネルギーを回収するのがハイブリッド車です。アクセルを戻したり、ブレーキペダルを踏むと発電機を回して、そこで発電した電力をバッテリーに蓄えます。次に加速する時はその電力でモーターを回します。回生ブレーキ―と呼ばれています。

しかし、ブレーキはすべて発電機で行うわけではありません。発電機を回す重さは細かく調整できないので、普通のブレーキも併用しています。

ハイブリッド車の燃費向上のために

ハイブリッド車の燃費向上のためには、ハイブリッド車にあった運転方法するしかありません。急加速、急制動を避けて充電量を増やすブレーキングをしましょう。

スポンサードリンク

ひたすらモーターでノロノロ加速するのは周りの迷惑です。また、バッテリーを浪費するだけです。加速しすぎることなくアクセルをじっくり踏みこんでいく方が燃費にはいいです。

ハイブリッド車は、減速時にブレーキを踏むと発電用モーターが回ってバッテリーに充電されます。時速10キロ以下になるまでは機械式のブレーキは作動せず、この回生ブレーキが充電し続けます。

したがって、ブレーキを長く踏んでいる方がバッテリーに充電される量が増えます。信号が赤になった時には、ブレーキを軽く長く踏んでいるとバッテリーに充電される量も増えます。燃費もよくなります。

ガソリン車と比べて燃費が変わらないと感じている人は、おそらくガソリン車の運転の時と同じようにエンジンだけで走行している時間が長いからです。

ハイブリッド車には小さなモーターと発電機で、停止時、発進時をサポートするマイルドハイブリットと、大きなモーターと発電機で、モーターのみでの走行が可能なストロングハイブリッドがあります。

ストロングハイブリッドでは、いかにエンジンを止めてモーターのみで走るかが燃費を向上させるためには重要です。車が停止した状態からアクセルをじっくり踏んで加速して、目標の速度に達したらアクセルを一度緩めてください。

ガソリン車と同じようにアクセルを緩めずに一定量で踏みこんだままだと、ガソリン車と同様の燃費となってしまいます。

ハイブリッド車には、アクセルの踏み込み量に従って動くハイブリッドインジケーターというメーターがあります。ハイブリッドインジケーターが、モーター走行(EV)になるまでアクセルを緩めます。モーターだけで車が動いている時は「EV」というランプが点灯します。

まとめ

車の場合は、1つの車体に2種類以上の動力発生装置を備えるものをハイブリッド車と呼んでいます。現段階のハイブリット車は、エンジンと電動モーターを搭載して、それぞれが車を走らせるための力を発生する車のことです。

ハイブリッド車の燃費が悪いと感じられている方は、モーターをきちんと使っていないからです。

ハイブリッド車が燃費のいい理由として、エンジン車では捨てていた力を電気に変えてモーターで使うからです。

アクセルを戻したり、ブレーキペダルを踏むと発電機を回して、そこで発電した電力をバッテリーに蓄えます。次に加速する時はその電力でモーターを回します。回生ブレーキ―と呼ばれています。

ブレーキを長く踏んでいる方がバッテリーに充電される量が増えます。信号が赤になった時には、ブレーキを軽く長く踏んでいるとバッテリーに充電される量も増えます。燃費もよくなります。

ハイブリッド車には小さなモーターと発電機で、停止時、発進時をサポートするマイルドハイブリットと、大きなモーターと発電機で、モーターのみでの走行が可能なストロングハイブリッドがあります。

ストロングハイブリッドでは、いかにエンジンを止めてモーターのみで走るかが燃費を向上させるためには重要です。車が停止した状態からアクセルをじっくり踏んで加速して、目標の速度に達したらアクセルを一度緩めてください。

ハイブリッド車には、アクセルの踏み込み量に従って動くハイブリッドインジケーターというメーターがあります。ハイブリッドインジケーターが、モーター走行(EV)になるまでアクセルを緩めます。モーターだけで車が動いている時は「EV」というランプが点灯します。

スポンサードリンク

 -